写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ片手に旅回っており、その際に訪れた場所などをスポット別に紹介しています。

風景/自然

御岳ロープウェー下り (飯森高原駅~鹿ノ瀬駅)

(2017信州その8) ロープウエーの展望台からの様子です。流れる雲でも撮ろうかなということでNDフィトターを装着してみましたが、6秒くらいでは足りなかったようです・・。ゴンドラが見えにくくなって多少スッキリしたくらいでしょうか^^; ふと背後を見ると山…

御嶽山散策 (8合目~飯森高原駅)

(2017信州その7、ウォーキングW2-3) 9合目へと続く道ですが、ここからは本格的な登山道(岩道)になっているようですが、今回は2つの理由でパスです。一つは装備的な面。もう一つは、天気です。 別の方が気を見ます。やや色あせ感はあるものの、秋らしく色づい…

御嶽山散策 (ハイキングコース入口~8合目)

(2017信州その6、ウォーキングW2-2) 登山道を進んでいきます。するとこんな感じでいきなり岩に絡みついた森林が目の前に広がっています。 登山道と入っても、このように8合目まではず~っと階段が整備されているため、余り、登山しているような感覚にはなら…

御嶽山散策 (飯森高原駅~ハイキングコース入口)

(2017信州その5、ウォーキングW2-1) ロープウェー乗り場から外に出てみます。すると展望台と現在の標高を示す表示がりました。 御嶽山の頂上を見ます。燃えるような赤・・とまでは行きませんが、きれいに色づいています。流石に山頂は噴火の影響か、色が無く…

御岳ロープウェー上り (鹿ノ瀬駅~飯森高原駅)

(2017信州その4) ロープウェー入口の建物になります。この中で乗車券を購入します。通常は2600円ですが、木曽福島のバス乗車券購入時に10%の割引券をもらっていたため、2340円での往復です。ついでに、登山届もここで提出します。登山とは言ってもロープウェ…

曽爾高原-4 (曽爾高原散策-2)

(ウォーキングC7-4) 高原の末端までやって来ました。ここからは再び高原入口まで下っていくことになります。 亀山峠からここまでの道筋です。尾根道と言いつつ、それなりの凸凹があることがわかります。 分岐点に到着です。 下りきりました。再度ススキが原…

曽爾高原-3 (曽爾高原散策-1)

(ウォーキングC7-3) それでは目の前に見える尾根の上に向かって登っていきます。 道中はずっと階段で足元はしっかりしていますが、コケたらどこまで転落するかわからない斜面がすぐそこまで迫っていました。 階段を登りきった先は亀山峠という場所になります…

曽爾高原-2 (曽爾高原ファームガーデン~曽爾高原)

(ウォーキングC7-2) ソフトクリームを食べたところで先に進みます。曽爾高原と言えばススキということで、道中にもあるだろうと思っていたら、ゼロではありませんでしたが、多くもありませんでした^^; ススキが少しづつ増えて盛り上がってきました~的なこと…

曽爾高原-1 (名張駅~曽爾高原ファームガーデン)

(ウォーキングC7-1) この日は2015年11月7日。近鉄大阪線名張駅に到着です。ここからバスに小一時間乗って目的のバス停へ向かうのですが、案の定人が多く、各停留所に停まるバスが1台と、曽爾高原へ直行する臨時バスが3台出ていました。 今回は途中下車します…

中山寺奥の院-3 (中山寺奥の院~大林寺)

(ウォーキングC5-3) 奥の院から今度は山下りです。上りとは別のルートになります。 途中、何もない広場や、 陸上自衛隊の演習場(?)の横をかすめ、時折自衛隊の車と交差しながら車道に沿って降りていくと、 歩行者(?)用の道の分岐点が現れますので、そっち…

面不動鍾乳洞 (みたらい渓谷-おまけ)

(ウォーキングC4-4) せっかくここまで来たので、鍾乳洞に寄ります。ここに行く方法は2通り。歩いて行く方法と・・・ モノレールに乗っていく方法があります。 傾斜も急ですが、コースも意外と曲がりくねっていました。乗車時間は約2分程度です。 終点に到着…

みたらい渓谷-後編 (みたらい渓谷~洞川温泉)

(ウォーキングC4-3) では更に進んでいきます。青空と若干色づき始めた山がステキです。 ここのハイライトはこの一枚になるのですが、やはり季節を少し間違えたようです^^; 天川川合では紅葉まつりをやっていたので丁度いいと思っていたのですが・・。 正面に…

みたらい渓谷-中編 (みたらい遊歩道入口~みたらい渓谷)

(ウォーキングC4-2) 渓谷の遊歩道にそって進んでいきます。砂防ダムでしょうか。 歩道はこんな感じで、一本道なので迷うことはないでしょう。 川沿いにそって歩いていきます。紅葉を狙ったのですが、少しだけ早かったようです。 大きな岩がゴロゴロしていま…

みたらい渓谷-前編 (大阪阿部野橋~みたらい遊歩道入口)

(ウォーキングC4-1) スタートはここ、近鉄南大阪線あべの橋駅。まずは集金スズメバチの乗車します。 7:10発吉野行きの乗車です。 1時間ほどで下市口駅に到着です。ここからバスに乗り換えて揺られること更に1時間。 天川川合バス停に到着です。早速ここから…

武庫川渓谷-後編 (第2鉄橋~武田尾駅)

(ウォーキングC3-3) 鉄橋にまでやって来ました。中央が鉄道が走っていた部分で、人はその横にある通路を通って進むことになります。ちなみに、廃線路の両側にデカデカとメンテしていないのでなにかがあっても知りませんよというJR西日本製の立て看板が掲げら…

武庫川渓谷-中編 (第1トンネル~溝滝尾トンネル)

(ウォーキングC3-2) トンネルを抜けました。この辺からがこのルートの見どころになります。 まずは線路の枕木がそのまま残されています。廃線跡を歩いていると実感できるかと思います。 そして単線ですので、その両側から草木が伸び出てくると山道のような様…

武庫川渓谷-前編 (JR生瀬駅~第1トンネル)

(ウォーキングC3-1) JR福知山線 宝塚駅から一駅先の生瀬(あまぜ)駅からスタートです。 ホームから駅名板を撮り忘れたので柵の間から。 まずは線路沿いに歩きます。 スタート地点までは住宅地を通るルートと県道沿いを通るルートがありますが、住宅地ルートの…

竹田城跡

駅から竹田城跡までは徒歩です。ということで、このような看板を頼りに登っていきます。他にも直通する登山道があるのですが、この時は通行止めでした。 頂上に到着し、竹田城跡天守閣?跡を中央にした写真です。柵等はないため、転落したら一大事です。 も…

アルペンの春夏秋

秋真っ盛りということで、昨日撮れたての写真を何枚か。 ついでに他の季節の分と合わせて眺めてみました。 左から2012年5月1日、2013年8月14日、2017年10月8日の写真になります。 写真の縦横比がすべて違うのはカメラも全て違うからです・・。 (左からFinePi…

ベル・ロック

(2017R休 その30) 次の場所に移動してきました。近くの駐車場から徒歩です。 10分ほど歩いて目的地であるベル・ロックに到着です。 ベル・ロックからセドナ市街地方向を見ます。なにもないところのど真ん中にあります。ここで右奥に何か白いものが見えます。…

エアポート・メサ

(2017R休 その29) この旅も5日目となりました。この日はセドナを離れるための移動となりますが、飛行機が夕方であるため、観光する時間はあります。ということで、ホテルをチェックアウトした後は2日目で失敗したパワースポットに突撃です。今回は時間が早か…

Horseshoe Bend

(2017R休 その27) アッパーアンテロープキャニオンツアーが終わり、見所の最終スポットの向かいます。 到着したのはホーシューベンドの駐車場。ここから片道1.2km位のウォーキングです。 駐車場からはひと丘越えて向かいます。 入り口には水の持参必須の看板…

Antelope canyon(後半)

(2017R休 その26) 更に奥に進みます。ガイドが作った砂の滝を撮影してみました。 ちなみに、ガイドは何をしているかと言えば、見所を紹介しながらひたすら客のカメラを要求しながら自分で撮影していっていましたw。ここは(カメラを受け取って)この角度から(…

Antelope canyon (前半)

(2017R休 その25) 慌ただしく昼食を食べた後は次のツアーに向けての集合場所に向かいます。 出発前のショーということで会場(ガソリンスタンド跡地)で生演奏とともにフープの演技がありました。8本のフープで色々な形を作っていきます。最初は2本だったのが…

Cathedral Canyon (後半)

(2017R休 その23) では突入です。ここからがこのツアーの本番です。正直それまでの2箇所はオマケでした。地層のこの流線型が目を引きますが、これも数時間後にはただの序章であることを思い知らされます。一行はこの間を縫って進んでいきます。 出口です。下…

江の島岩屋

稚児ヶ淵から更に先に続く道がありましたので、ついていきます。 すると洞窟への入口が現れます。江の島岩屋と呼ばれる場所に到着しました。 ここで再度レンズを換装してから入場します。江の島岩屋は大きく分けて2箇所の洞窟、と言うよりかは洞穴?があり、…

Cathedral Canyon (前半)

(2017R休 その22) ページの到着後、早速別のツアーに乗り換えです。2つ目のオフロードツアーです^^; 出発がA.M6:00なのはこのツアーに間に合わせるためでした。ということで出発します。道中の写真?常に凸凹で手すり掴んでいないと車内で飛ばされそうなので…

インディアン地区

(2017R休 その21) 休憩も終わり、出発します。相変わらず何もない場所を走りますが、徐々に起伏のある地形が現れ始めました。 横を見ると岩山が大分迫ってきました。奥に見えるのがインディアンの施設で、この道の両サイドにはワイヤーの柵が永遠と続いてい…

Sedona Jeep tour

(2017R休 その19) 17:00になりましたので、ツアーに出発です。予約時には13:00の回と17:00の回があったそうですが、45℃の中は勘弁(と言いながら48℃越えの場所に行っちゃったので元も子もありませんが・・・)+とあるものが見える可能性があるということで17:0…

Route 89A

(2017R休 その18) ではここから更に北上します。最初はこのような岩がゴツゴツしたようなところを通過していきましたが、すぐに平原に出ました。 地図を見る限りだと、正面の山を越えることになりそうですが、そこまではのんびりとした道が続きます。そして…

Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved