写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ片手に旅回っており、その際に訪れた場所などをスポット別に紹介しています。

風景/自然

ベル・ロック

(2017R休 その30) 次の場所に移動してきました。近くの駐車場から徒歩です。 10分ほど歩いて目的地であるベル・ロックに到着です。 ベル・ロックからセドナ市街地方向を見ます。なにもないところのど真ん中にあります。ここで右奥に何か白いものが見えます。…

エアポート・メサ

(2017R休 その29) この旅も5日目となりました。この日はセドナを離れるための移動となりますが、飛行機が夕方であるため、観光する時間はあります。ということで、ホテルをチェックアウトした後は2日目で失敗したパワースポットに突撃です。今回は時間が早か…

Horseshoe Bend

(2017R休 その27) アッパーアンテロープキャニオンツアーが終わり、見所の最終スポットの向かいます。 到着したのはホーシューベンドの駐車場。ここから片道1.2km位のウォーキングです。 駐車場からはひと丘越えて向かいます。 入り口には水の持参必須の看板…

Antelope canyon(後半)

(2017R休 その26) 更に奥に進みます。ガイドが作った砂の滝を撮影してみました。 ちなみに、ガイドは何をしているかと言えば、見所を紹介しながらひたすら客のカメラを要求しながら自分で撮影していっていましたw。ここは(カメラを受け取って)この角度から(…

Antelope canyon (前半)

(2017R休 その25) 慌ただしく昼食を食べた後は次のツアーに向けての集合場所に向かいます。 出発前のショーということで会場(ガソリンスタンド跡地)で生演奏とともにフープの演技がありました。8本のフープで色々な形を作っていきます。最初は2本だったのが…

Cathedral Canyon (後半)

(2017R休 その23) では突入です。ここからがこのツアーの本番です。正直それまでの2箇所はオマケでした。地層のこの流線型が目を引きますが、これも数時間後にはただの序章であることを思い知らされます。一行はこの間を縫って進んでいきます。 出口です。下…

江の島岩屋

稚児ヶ淵から更に先に続く道がありましたので、ついていきます。 すると洞窟への入口が現れます。江の島岩屋と呼ばれる場所に到着しました。 ここで再度レンズを換装してから入場します。江の島岩屋は大きく分けて2箇所の洞窟、と言うよりかは洞穴?があり、…

Cathedral Canyon (前半)

(2017R休 その22) ページの到着後、早速別のツアーに乗り換えです。2つ目のオフロードツアーです^^; 出発がA.M6:00なのはこのツアーに間に合わせるためでした。ということで出発します。道中の写真?常に凸凹で手すり掴んでいないと車内で飛ばされそうなので…

インディアン地区

(2017R休 その21) 休憩も終わり、出発します。相変わらず何もない場所を走りますが、徐々に起伏のある地形が現れ始めました。 横を見ると岩山が大分迫ってきました。奥に見えるのがインディアンの施設で、この道の両サイドにはワイヤーの柵が永遠と続いてい…

Sedona Jeep tour

(2017R休 その19) 17:00になりましたので、ツアーに出発です。予約時には13:00の回と17:00の回があったそうですが、45℃の中は勘弁(と言いながら48℃越えの場所に行っちゃったので元も子もありませんが・・・)+とあるものが見える可能性があるということで17:0…

Route 89A

(2017R休 その18) ではここから更に北上します。最初はこのような岩がゴツゴツしたようなところを通過していきましたが、すぐに平原に出ました。 地図を見る限りだと、正面の山を越えることになりそうですが、そこまではのんびりとした道が続きます。そして…

サボテン

(2017R休 その16) では出発してあるものを探しに再度南下します。ひたすらこのような平原を進んだ後は、 一山越えていきます。山にに入ると標高が高くなるからなのか、緑が増えてきましたがこれも一瞬で、一山越えたら再び元の荒野に戻ります。 再び荒野原を…

セドナの日の入(1回目)

(2017R休 その13) 早めの夕食後、良い感じで日が傾いてきましたので、腹ごしらえも兼ねて近くのビユーポイントへやって来ました。 日のある方向を見てみましょう。太陽光線がそこら中に降り注いでいました。 これに画像処理を少し加えると太陽光線が凄いこと…

Chapel of the Holy Cross (後半)

(2017R休 その11) 麓まで降りてきました。こっちからの方が分かりやすいでしょうか。十字架が建物の中ではなく、外にあったりするのです。 ここはアリゾナですので、サボテンにも登場していただきましょう。いい位置に自生していましたので、それを被写体に…

Chapel of the Holy Cross (前半)

(2017R休 その10) ではセドナ到着後の最初の名所ポイントへ向かいます。 移動中の車からの一枚です。岩山が壁のように聳え立っていて迫力満点です。 どうやったらこんな形になるのかがさっぱりわからない岩山を眺めつつ、車を走らせます。 目的地に到着です…

秋芳洞(後半)

(2017 GWその43) 再び秋吉台出入り口から洞窟に戻って黒谷口へ向かいます。その途中にあった黄金柱。 黄金っぽくないのでホワイトバランスを弄って・・・、それらしくなったw 厳窟王に挨拶を済ませ、 クラゲの滝登りを鑑賞。 このトゲトゲしさが鍾乳石の証…

秋吉台 長者ヶ森コース

\ (2017 GWその42) 秋吉台にはトレッキングコースが幾つかあり、そのうちの2つ、「カルスト展望台コース」と「長者ヶ森コース②」を組み合わせたコースに挑戦です。 http://www.karusuto.com/images/03-experience/01-trail/trekking_map.pdf ではスタートで…

秋芳洞 (前半)

(2017 GWその40) 秋芳洞の入口に向かいます。マンホール発見。まぁ分かりやすいw 途中にはかっぱの像がありました。 では、特別天然記念物に入洞します。券売機付近にはこのような石碑が建っています。 では、洞窟の中に入っていきましょう。 水面が良い感…

地獄めぐり 後半

(2017 GWその30) 5つ目の白池地獄です。国定の名勝だそうです。 看板は池の近くにありました。敷地はあまり広くなく、池を一周するだけのシンプルなもので、売店すらありません。国定だから環境維持に尽力しているのでしょうか。 池自体も熱湯であることに…

地獄めぐり 前半

(2017 GWその29) 別府ロープウェーのバス停から観光快速”ゆふりん”に再度乗車して、海地獄前バス停で下車です。別府に来たからには地獄めぐりでしょう。 最初の海地獄に向かう途中にご当地マンホールを発見。真ん中に映るのは・・ハロ? 入り口で地獄めぐり…

鶴見岳散策

(2017 GWその28) 標高503mの地上駅からロープウェイに乗って鶴見岳の山頂を目指します。 ロープウェイの車両はこんな感じ、少し年季を感じます。 ロープウェイからの景色ですが、緑がキレイです。 山頂では遅先の桜が見頃でした。 参道を歩いているとたぬ…

御輿来海岸

(2017 GWその22) 新八代でSLを下車した後は普通列車で宇土駅へ ホームにはななつ星の乗車案内がありました。 ここで三角線に乗り換え、丁度下校時間とバッティングしたのか、たくさんの学生さんを一緒に列車揺られます。そして目的地の網田駅に到着です。初…

SL人吉

(2017 GWその21) 次の列車、"快速"SL人吉号、今回の旅で乗車する4つ目で最後のD&S列車が入線してきました。これまで何故か展示SLを2台ほど見てきましたので、新鮮さが薄めになっていたのが少し残念。 別角度から一枚。この一枚だけで「SL人吉」が3箇所も書か…

普通列車 しんぺい2号

(2017 GWその19) この列車、ネーミングと運転方法がやや複雑ですので整理してみます。 いさぶろう1号:熊本→特急→人吉→普通→吉松 しんぺい2号 :吉松→普通→人吉 いさぶろう3号:人吉→普通→吉松 しんぺい4号 :吉松→普通→人吉→特急→熊本 熊本から離れる列車が…

桜島桟橋 (2017GMその10)

かごしま水族館横にある公園の先に展望台があり、夕方の桜島撮影に挑戦です。 すぐ横に桜島を往復するフェリーが通り過ぎます。 それなりに噴煙が上がってきました。 APS-Cで50mm一杯で撮影してみました。 煙が晴れたので、バス停に戻りました・・・が、その…

桜島航路(From 桜島) (2017GWその8)

湯之平展望所から再度港へ向かう途中、車窓から長渕剛の溶岩モニュメント(ブレブレですが) 降灰+大雨時に流れる水路を眺めた後、港に到着。 料金所では渋滞ができていましたがここは定期観光バス。全ての車を抜き去って予定の船に乗船。やっぱりバスごとの…

湯之平展望所 (2017GWその7)

桜島を望むことができる最高標高の場所である湯之平展望所に到着。 一般人が訪れられる最高地点です。 もう少し引いた所から一枚。 路線バスが邪魔なので、 また、ここからは噴火した溶岩が島を形成した様子が眺められます。 左側が桜島、右側に見える広がり…

Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved