写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ片手に旅回っており、その際に訪れた場所などをスポット別に紹介しています。

2017GW

2017 GW旅 まとめ

記事の数45、写真の数のべ403枚(地図除く)、文字数19,722。これが今回の鹿児島指宿から始まり、北上しながら九州を縦断して海底から本州に上陸、秋芳洞で終了したこの3泊4日の旅の記録です。 この旅で乗車した主な交通機関は以下のとおりです。盲腸区間を除…

のぞみ54号

(2017 GWその45) この旅もいよいよ最終区間。新大阪へ向かう新幹線に乗車です。 乗車するN700系は見飽きたので、乗車する1本前の700系レールスターを撮影。 カーブしている新山口駅の様子です。 博多方面ホームにも700系がやって来ました。「ひかりレールス…

防長バス

(2017 GWその44) バス停に向かう途中では梨のソフトクリームを頂きました。 そして、秋芳洞のバス停から新山口駅へ向かうバスの乗車券を購入。 秋芳洞から新幹線新山口駅までは1日に9本程度あるようですが、時刻を狙って行動しないと無駄に待たされます。乗…

秋芳洞(後半)

(2017 GWその43) 再び秋吉台出入り口から洞窟に戻って黒谷口へ向かいます。その途中にあった黄金柱。 黄金っぽくないのでホワイトバランスを弄って・・・、それらしくなったw 厳窟王に挨拶を済ませ、 クラゲの滝登りを鑑賞。 このトゲトゲしさが鍾乳石の証…

秋吉台 長者ヶ森コース

\ (2017 GWその42) 秋吉台にはトレッキングコースが幾つかあり、そのうちの2つ、「カルスト展望台コース」と「長者ヶ森コース②」を組み合わせたコースに挑戦です。 http://www.karusuto.com/images/03-experience/01-trail/trekking_map.pdf ではスタートで…

秋吉台

(2017 GWその41) 秋吉台の観光センターまでやって来ました。 カルスト台地なので当たり前ですが、岩だらけです。 ここで休憩がてら名物の夏みかんソフトを頂きます。 なんど見ても素晴らしい景色です。 岩をメインに一枚撮ってみました。 休憩が終わったの…

秋芳洞 (前半)

(2017 GWその40) 秋芳洞の入口に向かいます。マンホール発見。まぁ分かりやすいw 途中にはかっぱの像がありました。 では、特別天然記念物に入洞します。券売機付近にはこのような石碑が建っています。 では、洞窟の中に入っていきましょう。 水面が良い感…

サンデン交通バス

(2017 GWその39) 人道トンネルのすぐ近くに「御裳川(みもすがわ)」と言う名のバス停が有り、ここから次の行き先のバスに乗車します。 バスがやって来ました。行き先は秋芳洞です。九州のは似たような平尾台というカルスト台地があるのですが、余りにも公共…

国道2号線 関門トンネル

(2017 GWその38) いよいよ橋の真下までやって来ました。 橋のすぐ近くに神社がありますので、中々お目にかかれない灯籠とのツーショットもあったりします。 さて、いよいよ九州から脱出です。行きは飛行機で上空から、帰りは徒歩で海底からと趣向を変えた上…

和布刈第二展望台

(2017 GWその37) 門司港レトロ観光線に沿って歩道が続いていますので、暫く歩くとトンネルに到達。 流石に人は通れないので別の道を進みます。 ノーフォーク広場に到着です。ここには非常に大きなイカリが置いてありました。 関門海峡大橋がだんだん大きく…

門司港(朝)

(2017 GWその36) ホテルをチェックアウトして再度門司港の中心部に向かいます。 まずはどんぐり?のようなマンホール発見です。 駅には783系のほぼトップナンバーの車両が停車していました。 駅構内を通り過ぎる際にレトロな洗面所が有りました。 通り抜け…

JR九州旅程

(2017 GWその35) JR区間は全て乗車券を購入しての移動でしたが、一応「ぐるっと九州」なる切符があります。 www.jrkyushu-kippu.jp 3日間で14,000円。別途特急料金を払えば新幹線にも乗れるというものです。今回の旅でのJR九州区間の乗車券はいくらしたでし…

門司港(夜)

(2017 GWその34) せっかく夜に到着したので、夜の門司港を散策します。まずは門司港駅から。 駅名板が横向きではなく正面に掲げられていました。 改札の近くに幸福の泉の名の鐘が設置されていました。 で、よく見ると駅員の制服も昭和初期?の頃のような詰め…

焼きカレー

(2017 GWその33) 宿泊地の門司港に着きましたので、夕食として名物の焼きカレーを頂くことにしました。数ある店の中でふらっと寄ったのがこちらです。 店舗のHPは↓の通り。 www.curry-honpo.com 頂いたのは「昔の焼きカレー」です。何が昔なのかというと、使…

ソニック50号

(2017 GWその32) ここから更に移動します。乗車列車はこちら、ソニック50号です。 別府の駅名板で、模様は当然のごとく温泉です。 構内の様子です。ホームが後もう一つ作れそうな広さです。 乗車列車が到着です。「sonic」が2箇所。JR九州の車両は自己アピー…

別府冷麺

(2017 GWその31) 朝食以降はソフトクリームのコーン以外の固形物を口に入れていなかったため、電車を待つ僅かな時間でこんなものを頂きました。駅構内にあるミニフードコートで頂いた別府冷麺です。別府で冷麺は初耳ですが、それなりに店舗数はあるようです…

地獄めぐり 後半

(2017 GWその30) 5つ目の白池地獄です。国定の名勝だそうです。 看板は池の近くにありました。敷地はあまり広くなく、池を一周するだけのシンプルなもので、売店すらありません。国定だから環境維持に尽力しているのでしょうか。 池自体も熱湯であることに…

地獄めぐり 前半

(2017 GWその29) 別府ロープウェーのバス停から観光快速”ゆふりん”に再度乗車して、海地獄前バス停で下車です。別府に来たからには地獄めぐりでしょう。 最初の海地獄に向かう途中にご当地マンホールを発見。真ん中に映るのは・・ハロ? 入り口で地獄めぐり…

鶴見岳散策

(2017 GWその28) 標高503mの地上駅からロープウェイに乗って鶴見岳の山頂を目指します。 ロープウェイの車両はこんな感じ、少し年季を感じます。 ロープウェイからの景色ですが、緑がキレイです。 山頂では遅先の桜が見頃でした。 参道を歩いているとたぬ…

鶴見岳七福神

(2017 GWその27) ロープウェイで鶴見岳を登ります。その先には鶴見岳七福神ということで周回できるコースが有りましたので順繰り回ります。 1番 福禄寿 2番 大黒天 3番 布袋尊 4番 寿老人 5番 恵比寿天 6番 弁財天 7番 毘沙門天 これで福をもらえまし…

由布院とゆふりん

(2017 GWその26) 駅前からは由布岳が見えます。次の乗り継ぎまでわずか30分ということで、 天然の炭酸水を頂きました。pH5.5って意外と酸性なんですね・・これ。 バスターミナルでバスを待っていますが、乗車するバスの直前に出発した福岡空港行きのバスが、…

ゆふ1号

(2017 GWその25) 駅に到着し、発着案内です。 乗車列車が到着です。人気の「ゆふいんの森」ではなく、一般車両の特急になりますが、意外にも指定席は満席でした。 車内からの風景です。思いの外満足な写真は撮れず、少々残念でした・・。 途中停車駅の豊後森…

久留米市内散策

(2017 GWその24) 前日夜の久留米駅の様子です。 太鼓型の時計が置いてありました。 カラーのご当地マンホールです。真ん中流れるは筑後川でしょうか。 次の日、ホテルから歩いて駅に向かいますが、歩道が非常に広いです。 こちらでは分離式の2車線道路に自転…

宿泊地への移動

(2017 GWその23) 列車の到着までにホームの様子を撮影します。無人駅ですので、それを見越して切符を購入していました。 列車が到着します。一般的な気動車ですが、地方ですと普通列車もクロスシートなので車内もすこぶる快適です。 網田駅から約40分で熊本…

御輿来海岸

(2017 GWその22) 新八代でSLを下車した後は普通列車で宇土駅へ ホームにはななつ星の乗車案内がありました。 ここで三角線に乗り換え、丁度下校時間とバッティングしたのか、たくさんの学生さんを一緒に列車揺られます。そして目的地の網田駅に到着です。初…

SL人吉

(2017 GWその21) 次の列車、"快速"SL人吉号、今回の旅で乗車する4つ目で最後のD&S列車が入線してきました。これまで何故か展示SLを2台ほど見てきましたので、新鮮さが薄めになっていたのが少し残念。 別角度から一枚。この一枚だけで「SL人吉」が3箇所も書か…

人吉市内散策

(2017 GWその20) 次の列車までの乗り継ぎ時間は約1時間30分。この間を利用して市内散策を行います。まずは駅舎です。お城風味の駅舎です。 近くに人吉市のマンホールのカラー版を発見。人吉城跡と球磨川下りでしょうか。 駅から歩いて10分しないくらいの場所…

普通列車 しんぺい2号

(2017 GWその19) この列車、ネーミングと運転方法がやや複雑ですので整理してみます。 いさぶろう1号:熊本→特急→人吉→普通→吉松 しんぺい2号 :吉松→普通→人吉 いさぶろう3号:人吉→普通→吉松 しんぺい4号 :吉松→普通→人吉→特急→熊本 熊本から離れる列車が…

JR九州 吉松駅 (2017 GWその18)

次の列車の到着まで駅前を散策します。駅前の様子ですが、非常にシンプルな駅舎です。 一応肥薩線と吉都線の2路線が交差する駅ではあります。 駅のすぐ近くにSLが展示されていましたので、寄ってみます。C55でしょうか。凛々しいお姿です。 特にこの車輪の迫…

はやとの風2号 (2017 GWその17)

ここでの乗り換えは16分ですので駅の様子を探索します。 物凄くシンプルな駅舎です。 乗車列車の案内板です。この列車の読み方がよくわからなかったのですが、漢字で書けば「隼人の風」ということのようです。で、今いるのがその「隼人」駅です。 ホームの様…

Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved