Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN

タグクラウド風 最新カテゴリー

機材/α65(70Z)

青山高原の風車を見に行く (西青山駅~乗馬練習場)

(ウォーキングC30-1/6) 本日は2018年6月16日、場所は近鉄大阪線西青山駅になります。上本町駅からごとごとと急行電車に揺られてやってきました。さすがに鈍行列車で三重県まで来るのは一苦労ですなぁ・・・。 駅の様子です。何でこんなところに駅を造ったん…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス(謎地蔵~六十谷駅)

No 紹介区間 路面 概要編 山中渓駅~六十谷駅 ーー C29-1/5 山中渓駅~第一パノラマ 登山道 C29-2/5 第一パノラマ~雲山峰途中 登山道 C29-3/5 雲山峰~青少年の森展望台 登山道 C29-4/5 青少年の森展望台~謎地蔵 登山道 ➡ C29-5/5 謎地蔵~六十谷駅 登山道…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス (青少年の森展望台~謎地蔵)

(ウォーキングC29-4/5) エネルギーの補給も終了し、先を進みます。高度的には最高地点を通過していますので、下り中心の道となります。少しだけですが、岩が顔を覗かせています。 この辺は分岐のオンパレードとなります。看板もそれなりにありますが、それ以…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス (雲山峰~青少年の森展望台)

(ウォーキングC29-3/5) 途中で「絶景」と書かれた手製看板と開けたような光景が目に入ってきましたので寄ってみます。 ほうほう、開けていてクマバチも飛んでいなくて、それなりに良い景色・・・と思っていたら送電線・・・。 えーっと関西電力多奈二火力線…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス (第一パノラマ~雲山峰途中)

(ウォーキングC29-2/5) 第一パノラマからの景色になります。真っ正面に見えるのが関西空港となります。距離にすると10kmちょっとといったところで、空気が澄んでいればこの延長線上に六甲山が見えるかもしれません。 関空をもっとアップで見てみます。こう見…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス (山中渓駅~第一パノラマ)

(ウォーキングC29-1/5) 本日は2018年5月28日関西空港への分岐となる日根野駅から5つ目、阪和線山中渓駅です。大阪方面からやってくる紀州路快速の停車駅ですが、無人駅です。まぁ、嵯峨嵐山駅の隣駅ですら無人駅ですので、不思議ではありませんな。 駅舎の様…

六甲山系トエンティクロス(青谷道~王子公園駅)

(ウォーキングC28-7/7) 摩耶山頂を制覇した後は青谷道に沿って下山していきます。かなりの方がこの道を使って登り下ろされていましたので、止まって写真撮影も中々大変です。行者堂跡地に降りてきました。元々お寺があったため、ちょっとした広場になってい…

六甲山系トエンティクロス(穂高湖~摩耶山山頂)

(ウォーキングC28-6/7) 穂高湖を出発して先を進みましょう。 出発してすぐに車道に出て、それに沿って歩くことになるのですが、 すぐにアゴニー坂が登場。車道沿いをそのままでも良さそうなのですが、ここは"登山"しに来たと言うこともあってアゴニー坂を登…

六甲山系トエンティクロス(シェーン道~穂高湖)

(ウォーキングC28-5/7) 引き続き川に沿って進んでいく道になります。山道では大にして川沿いが登山道となるパターンはあるかと思いますが、身近に渡渉がたくさんある比較的難度の低いコースは少ないかと思います。頂上からケーブルカーで降りるというエスケ…

六甲山系トエンティクロス(河童橋付近~三叉路)

(ウォーキングC28-4/7) 河童橋から続く橋を抜けて先に進みます。この透明度も素晴らしい。 河童橋を通過した後も渡渉は続いていきます。飛び石での渡渉が比較的多めでした。 飛び石の上から下流方向

六甲山系トエンティクロス(六甲縦走路分岐~河童橋付近)

(ウォーキングC28-3/7) 六甲全山縦走路との分岐点からが本コースの本番。 それなりに川との高低差がありましたが、一気に川辺まで降りていきます。 ということで、「トウェンティクロス」にやってきました。「トゥエンティクロス」「トエンティクロス」に続…

六甲山系トエンティクロス(布引貯水池~六甲縦走路分岐)

(ウォーキングC28-2/7) 布引貯水池に到着後はまずはそのダム湖に沿って進んでいきます。 ものすごく自然に見えますが、ダム湖です。そして神戸市内です。 ダムの方向を見ます。年季の入った堰堤とその奥にロープウェーのゴンドラも見えます。

六甲山系トエンティクロス(新神戸駅~布引貯水池)

(ウォーキングC28-1/7) ※このコースは昨年9月の台風で土砂崩れ等、相当な被害があったようで、今とは異なっている可能性があります。 本日は2018年5月5日。JR山陽新幹線および神戸市営地下鉄線が乗り入れる新神戸駅です。今回のスタートはこちらから。ここは…

須磨アルプス(馬の背~月見山駅)

(ウォーキングC27-5/5) 馬の背前の岩の山に到着しました。ところで、道が見えないんですが、ここ Q:どうやってここ突破するんですか? ってよーく見たら A:よじ登って突破して下さい。 ということで、こんな所に道標がありました。「路」・・ねぇwとド初心…

須磨アルプス(栂尾山~横尾山~馬の背入口)

(ウォーキングC27-4/5) 階段道から見たここまで辿ってきた道になります。真ん中に一旦市街地に降りるための階段道があるのが分かるかと思います。この高低差を一旦降りて登ってきたということになります。 引いたアングルからもう一枚。ここからは須磨浦公園…

須磨アルプス(鉄拐山~市街地~階段)

(ウォーキングC27-3/5) もう少し鉄拐山からの様子をもうちょっとだけ。 これから向かう縦走路方向になります。一旦市街地を通って行くことになるのかぁ。思ったよりも住宅地ど真ん中なんだなぁ(初心者感想)。 と言うことで、上ってきた分とほぼ同じ高度分だ…

須磨アルプス(ロープウェー駅~鉢伏山~旗振山~鉄拐山)

(ウォーキングC27-2/5) ロープウェー山頂駅からもう少しだけ階段で上ります。 すると須磨浦展望閣が見えてきました。須磨浦公園全体としてみた場合、ここがその拠点となる場所というとことでしょうか。ここもまだ開園前ということもあってがらんとしています…

須磨アルプス (須磨浦公園駅~ロープウェー山頂)

(ウォーキングC27-1/5) 本日は2018年4月16日山陽電鉄本線須磨浦公園駅にやってきました。特急電車は須磨浦公園駅止まりしか止まりません。 乗車した電車は運用開始したてほやほやの6000形電車でした。3両編成1セット、2セット6両となって阪神電車との直通運…

京阪の境界 ポンポン山(神峯寺~原立石バス停)

(ウォーキングC25-6/6) 足休めのついでに神峯山寺(かぶさんじ)を少しだけ散策します。仁王門を潜って・・本堂や階段の先にあった開山堂などを巡っていきます。足が少し落ち着いたところでここから先も車道と言うこともあってトレッキングポールはここでお役…

京阪の境界 ポンポン山(本山寺~神峯山寺)

(ウォーキングC25-5/6) 本山寺へ向かう分岐道を進んでいきます。道幅は狭めで、片方は完全な崖です。 そうこうするとポンポン山出発から50分ほどで本山寺の裏側からお寺に入ることになります。で、そのすぐ近くに本殿がありました。 参拝ついでにお賽銭箱の…

京阪の境界 ポンポン山(釈迦岳~ポンポン山~本山寺分岐)

(ウォーキングC25-4/6) では釈迦岳を出発です。ここから先はしばらくは尾根道を進むことになります。なので、両側が斜面な道が頻出します。 roamingaroundjp.hatenablog.com 登山道ではお馴染み、鉄塔の真下を通過。 ここで東海自然歩道と合流です。このまま…

京阪の境界 ポンポン山(登山口~釈迦岳)

(ウォーキングC25-3/6) では本格的にポンポン山へと続く道を進んでいきましょう。 本コースより初登場となるトレッキングポールです。使用感等々を確認するため、比較的低山ですが、とりあえずの目的である伊吹山登頂までにはある程度使いこなせれるようにな…

京阪の境界 ポンポン山(善峯寺散策後半)

(ウォーキングC25-2/6) 善峯寺散策を続けます。幸せを呼ぶ幸福地蔵です。この先の無事を祈願して・・。 一応順路というものは存在しておるのですが、それを正直に回っていたら登山どころではないので、早回しに桂昌院廟(1705年建立) 釈迦堂(1885年建立)

京阪の境界 ポンポン山(善峯寺散策前半)

(ウォーキングC25-1/6) 本日は2018年3月25日ここは阪急京都線東向日駅です。特急は止まらない駅ですので、途中駅で普通か準急への乗り換えが必要になります。 駅前にあるバス停からバスの乗車し、終点の善峯寺で下車します。ここをもう少し登ったところに登…

桜旺盛な高取山登頂 (壺阪山駅へ)

No 紹介区間 路面 概要編 壺阪山駅~高取城跡~壺阪山駅 ーー C26-1/7 壺阪山駅~壺阪寺参道 舗装道 C26-2/7 壺阪寺参道~壺阪寺 参道 C26-3/7 壺阪寺内 舗装道 C26-4/7 壺阪寺内~五百羅漢 登山道 C26-5/7 五百羅漢~高取城跡/高取山頂 登山道 C26-6/7 高取…

桜旺盛な高取山登頂(高取城跡下山)

(ウォーキングC26-6/7) 山頂に到着したとことで、周囲を見渡しながら休憩です。本丸自体はとても広く、たくさんの方が思い思いの場所で昼食を摂っていました。 本丸広場からの眺めです。絶景・・と言うほど開けては居ませんが所々遠くを見渡せられる場所はあ…

桜旺盛な高取山登頂(高取城跡/高取山頂)

(ウォーキングC26-5/7) どんどん登山道を進んでいきましょう。所々にこのような道しるべがありますし、道も明瞭なので、迷うことは無いかと思います。 壺阪寺を発って約40分で高取城跡の入り口となる石柱を通過。 改めて大きな看板と道しるべがお出迎えです…

桜旺盛な高取山登頂 (壺阪寺~五百羅漢)

(ウォーキングC26-4/7) 再び禮堂からです。この辺は見晴らしも良く、このような景色が広がっています。真正面に見えるのが二上山となります。一度二上山に登ると、その形状が頭の中から離れませんw 桜の木と塔のてっぺんと山々の景色です。高低差のある山中…

桜旺盛な高取山登頂 (壺阪寺散策)

(ウォーキングC26-3/7) では壺阪寺の中を散策していきましょう。大講堂の横に入り口があり、入場料を払って中に入ります。 入り口近くから「天竺渡来 大釈迦如来石像」が桜の花びらを纏って鎮座しております。 石像群の横を通り抜けて、少し行くと仁王門に到…

桜旺盛な高取山登頂 (壺阪寺参道~壺阪寺)

(ウォーキングC26-2/7) 住宅密集地を抜けて田舎道に沿って進んでいきます。この辺はまだ舗装されていました。 遠くには壺阪寺の観音様がピンク色の桜を従えてそびえ立っています。当面の行き先はあそこです。 ここから本格的な参道になります。ただ、民家の…