Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

機材/α65(70Z)

愛宕神社総本山へ登頂 (水尾登山口~愛宕神社)

(ウォーキングC34-3) 登山口入り口で小休止を行い、突撃です。 まず目指すは表参道との合流地点となる水尾の分かれです。道自体は安定して広くもならなければ狭くもならないという、不自然なほど整備されている道でした。 こちら側は台風の影響が少なかった…

愛宕神社総本山へ登頂 (JR保津峡駅~水尾登山口)

(ウォーキングC34-2) トロッコ保津峡駅との分岐をそのまま水尾方面へと直進していきます。 しばらくは水尾の集落までは車道に沿って進んでいきます。交通量も少なく、ごくごく普通の車道歩きとなります。 先日の台風の影響でしょうか。初めて訪れる場所なの…

愛宕神社総本山へ登頂 (阪急嵐山駅~JR保津峡駅)

(ウォーキングC34-1) 本日は2018年10月20日。一応雨が上がったらしい阪急嵐山駅です。ここからJR嵯峨嵐山駅へ乗り換えるために移動します。電車代が余りにも違いすぎるので、この阪急嵐山-JR嵯峨嵐山を準備運動と割り切って進むことにしました。 阪急嵐山駅…

おぎのやから軽井沢駅へ

(北関東その21) 横川駅に戻ってきたものの、微妙に時間があったので、車道を5分ほど少し進んで道の駅おぎのやまでやってきました。 ここに来たからにはもちろんコレを頂かねばということで、峠の釜めしと・・うどんのセットです。どう見ても食べ過ぎです。あ…

碓氷峠アプトの道(碓氷湖)

(北関東その20、ウォーキングWS16-5) 碓氷湖への分岐を進んでいきます。湖へはしばらくは下りが続きます。後でこの分を登り返すのかぁ・・・。 湖畔まで降りてきました。正面にいくつか橋が見えますが、この湖を周回する形で遊歩道が整備されていますので、…

碓氷峠アプトの道 (めがね橋と旧中山道への分岐)

(北関東その19、ウォーキングWS16-4) では、折り返して来た道を戻っていきます。と言うことで10号トンネルから。 この辺は緑も溢れていて非日常感を味わうのには十二分な場所になります。 めがね橋まで戻ってきました。降りて探索してみましょう。

碓氷峠アプトの道(猿の惑星)

(北関東その18、ウォーキングWS16-3) 最後のトンネルを抜けた先、新線との合流地点と思わしき架線も見えますが、果たしてどんな景色が目の前に飛び込んでくるのでしょうか!(かなり誇張) 真っ先に目に飛び込んできたのは猿でしたw しかも親子連れが架線に沿…

碓氷峠アプトの道(トンネル群入口~新境地wへ)

(北関東その17、ウォーキングWS16-2) では本格的な山岳区間を進んでいきましょう。このコースにあるトンネルの数は全部で10。その最初のトンネルです。 遊歩道として整備されているだけあって、トンネル内も明かりが灯されています。ただ、時間になると消灯…

碓氷峠アプトの道(スタート~トンネル群入口)

(北関東その16、ウォーキングWS16-1) 駅前から少し歩くと今回のコースのスタート地点にやってきます。碓氷峠アプトの道ということで、信越本線の横川-軽井沢間の廃線跡を歩くコースになっています。片道6㎞で最終的に碓氷峠を越えるわけですので、高低差も…

信越本線盲腸区間の先端へ

(北関東その15) 本日は2018年10月7日。旅の3日目で最終日です。この日は前日の体調次第で2パターンのコースを準備。そのうちの1つはマトモナ昼食が摂れないルートになるので、朝食をガッツリと頂きます。 まだまだ食べますよー♪。前日はどう見てもカロリー…

2泊目の宿泊地へ

(北関東その14) 無事バスの時間に戻ってこれたので早速乗車します。 終着の水上駅までやってきました。ここから上越線で南下します。 ふとホームを見ると臨時列車が越後湯沢方向へと出発していくところでした。

一ノ倉沢トレッキングコース

(北関東その13、ウォーキングWS15) ロープウェーのターミナルでしばらく休憩すると足の状態がだいぶ楽になってきたので、バスの時間もあり、どうしようかなということで少し迷った結果、行くだけ行ってみることにしました。 ロープウェー周辺の様子です。こ…

谷川岳天神尾根コース下山危機!? (オキノ耳~下山)

(北関東その12、ウォーキングWS14-3) 下っていきます。登りでは必死だったということもあって、見えなかった景色が見えてきます。笹だらけの区間を抜けると、 山々がそれなりに見えてきました。 登りの時に赤かった部分を上から見るとこんな感じ。数少ない良…

谷川岳天神尾根コース (登り途中~トマノ耳~オキノ耳)

(北関東その11、ウォーキングWS14-2) 段々とガス深くなってきましたが、登山路はまだまだ続いています。 熊穴沢避難小屋から約45分で天狗の溜まり場に到着です。ここから絶景が拝められるはずですが、ガスの真っ只中ということで、ここは一旦パスして先を進…

谷川岳天神尾根コース (山頂駅~登り途中)

(北関東その10、ウォーキングWS14-1) ということで、準備を整えて1319mの谷川ロープウェー駅からスタートです。 しばらくは普通の遊歩道のような道を進んでいきます。 所々にこのような岩場はありますが、それなりに快調に歩くことができます。ただ、地面が…

谷川岳ロープウェー

(北関東その9) チケットブースでチケットを購入後、乗り場へと向かいます。途中で登山届を出すようにとの係員の誘導に従い登山届を提出。乗り込みます。思惑通り(?)待ち時間なしで乗車できました。 高度をぐんぐんと上げていきます。ということで、雲の中に…

モグラ駅と地上ホーム

(北関東その8) 土合駅に到着・下車します。 この駅では別の方1名も下車。多分乗客ゼロの電車が電車が水上方向へと出発。 ホームから見る駅前の様子です。雲が低いところまで降りてきていました。

上越線乗車(越後湯沢駅→?)

(北関東その7) 2018年10月6日(土)2日目の朝です。まだ街灯の明かりが消えぬ早朝、ホテルをチェックアウトして駅へと向かいます。 マンホールです。どストレートに「ゆ」。こういう単純なのはあまり見かけませんよね。 駅までやってきました。乗車するのは6:1…

越後湯沢での一夜

(北関東その6) では、山麓に向かって降りていきましょう。ゴンドラの中から上を見た様子です。アームが巨大すぎて視界に入ってきません・・。 下った後は、のんびりと彷徨います。不動の滝に行こうかと途中の道を折れましたが、どうも平日は工事中につき立ち…

湯沢高原パノラマコース(登山道区間)

(北関東その5、ウォーキングWS13-2/2) では、登山道を進んでいきましょう。案内では「健脚向け」という注意書きがありましたが、その何度はいかほどかというと・・・ スタートはまぁ細めの道なのですが、 この細さがずーっと続き、ロープ場はあるわ、

湯沢高原パノラマコース(車道区間)

(北関東その4、ウォーキングWS13-1/2) ではハイキング道を歩いていきましょう。公認ルートは3つ。その中で最も所要時間のかかるルートを進みます(とはいっても標準時間で2時間30分ですが)。 スキー場の横を抜けるような形で着々と高度を上げていきます。しば…

湯沢高原へ

(北関東その3) 越後湯沢駅構内にはお土産屋が何店がありましたが、入り口にはのん兵衛たちが好き放題しておりました。米どころ≒酒どころな一コマですね。 またやたらと目立つショーケースがあったのでのぞいてみることに様々な人形が吊り下げられて、それが…

6列シートなMAXたにがわ315号(東京→越後湯沢)

(北関東その2) ほぼ定刻に羽田空港に到着。そこからモノレールで浜松町駅へ。そして、 東京駅に移動。新幹線改札口を抜けて、 22,23番線にやってきました。おとなしく飛行機ではなく、東海道新幹線→上越新幹線で良かったのでは?という突っ込み、お待ちして…

旅の始まりは朝食から。JAL106(ITM→HND)

(北関東その1) 本日は2018年10月5日。今回の旅の起点は阪急宝塚線梅田駅。 そして電車とモノレールを乗り継いでここ、お馴染み伊丹空港に到着です。そしてここを右に行くのか左に行くのかの運命の瞬間でもあったりします。 今回は・・というか、私用で伊丹空…

大台ヶ原・西コース(たたら力水付近~ゴール)

(ウォーキングC33-6) たたら力水で力を蓄えた(?)あとも引き続き歩を進めていきます。 これ何だったかな?ツルツルそうな木がポツリと立っています。その外観から妙に浮いてもいます。

大台ヶ原・西コース(開発跡~たたら力水付近)

(ウォーキングC33-5) 開発跡地での休憩も終えて後は一気に駐車場へと戻っていきます。いかんせん、当初のツアーでの想定タイムよりこのままのペースで行けば1時間遅れ。ガイドは皆さん”そんな(想定タイムは)無茶な―”と言っていましたw。周った後の感覚とし…

大台ヶ原・西コース(開発跡途中~開発跡)

(ウォーキングC33-4) 相も変わらずな景色の道を進んでいきます。 乾いている苔の間から生えているキノコをパシャリ。 このコースで一番の見どころ(?)付近までやってきました。この時期だとやっぱり映えていませんが、

大台ヶ原・西コース(ナゴヤ谷~開発跡途中)

(ウォーキングC33-3/6) 昼食休憩ののち出発していきます。しばらくは・・・というか、ずっと森の中を歩いていきます。 やはりというか、しばらくずっと緑感がいまいち足りない道を進んでいきます。 木の幹を見ると所々にキノコのようなものが張り付いていま…

大台ヶ原・西コース(ナゴヤ谷付近)

(ウォーキングC33-2/6) では西大台ヶ原の歩道に向かって進んでいきましょう。 4月末ということで、いろいろ中途半端な時期なのか、やや乾燥しているような雰囲気があります。ここはどちらかというとじめっとしていた方が良いのかもしれません。 ここで係員に…

大台ヶ原・西コース(スタートまで)

(ウォーキングC33-1/6) 本日は2019年4月28日。こちらは新大阪駅のバスターミナル付近です。駅前には電車ツアーやバスツアーの様々な旅行会社が参加者の来訪を心待ちにしていました。という、自分もそのうちの一人なのですが。 受付を済ませてバスに乗り込み…