写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

タグクラウド風 最新カテゴリー

うずしお20号

(四国攻城その44/60)

次のそして、JR四国管内ではこの旅の最後の乗車列車となります。

f:id:roamingaroundjp:20180526161507j:plain

列車待ちの間に予想通り昼食にありつく時間がなかったため、おやつということで、和菓子2種に飲み物としてさっぱりすだちソーダをチョイス。

f:id:roamingaroundjp:20180526160729j:plain

ういろの中身はこんな感じです

f:id:roamingaroundjp:20180526160730j:plain

車内の様子です。土讃線の時から一緒に寄り添ってきた吉野川も河口付近ではここまでの大河になっていました。

f:id:roamingaroundjp:20180526160731j:plain

これと言って、これまでのような山あり谷あり、川ありのような感じの景色の変化はなく、徳島駅から約1時間で終点でかつ、本旅の始点である高松駅に戻ってきました。

f:id:roamingaroundjp:20180526160732j:plain

徳島駅では自由席にそれなりに列ができていたので、撮影できなかったのでここで撮影です。新型車両ということでアピールしていましたが、従来車の3両が2両になったことで座席数が減っているのですが・・・。

f:id:roamingaroundjp:20180526160733j:plain

区間:74.5km、乗車券1,460円、特急券1,180円、計2,640円

・合計:676.8km、乗車券10,200円、特急券7,970円、計18,170円

 

2日ぶりの高松駅のスマイルです。

f:id:roamingaroundjp:20180526160734j:plain

JR高松駅を下車後は今度はこの方向に向かいます。そう、高松港、次は船に乗船します。

f:id:roamingaroundjp:20180526160735j:plain

高松港へは案内に沿ってしばらく歩くことになります。

f:id:roamingaroundjp:20180526160736j:plain

高松駅から歩いて10分弱で乗船する船の切符売り場までやってきました。切符の販売は出発の15分前からということで少し待ちます。

f:id:roamingaroundjp:20180526160737j:plain

乗船するのは17:10発の土庄(とのしょう)行きの高速船になります。フェリーのほうが安く渡れるのですが、その場合、到着が日の入りまでには少し遅すぎる時間になります。

f:id:roamingaroundjp:20180526160738j:plain

実は、当初予定していたのがうずしお22号→18:45のフェリーだったのですが、日の入り時刻=干潮時刻ということが阿波川島駅での列車待ち中に分かりまして・・・。