写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

タグクラウド風 最新カテゴリー

二十四の瞳映画村

(四国攻城その53/60)

最初に言っておきますが、個人的にはこの映画は見たことはありません。小豆島と検索すると大抵トップ5に入る観光地であることと、この日の天気予報から寒霞渓へ行くのはイマイチというのはありました。正面に見えるのが入場口です。

f:id:roamingaroundjp:20180607233638j:plain

入ったとたんに時代が変化したことを実感します。ちなみに中央を流れる川は海水みたいで、海水魚が泳ぎ回っているかもとのことです。

f:id:roamingaroundjp:20180607233639j:plain

映画村自体はあまり大きくなく、海岸に行くだけならものの数分で着いてしまいます。

f:id:roamingaroundjp:20180607233641j:plain

セットとなった建物等々を撮影して回ります。

f:id:roamingaroundjp:20180607233640j:plain

誰も映っていませんが、ここに着物とかを着た方々が何人か歩いていたら画になったのかなぁ・・なんて。

f:id:roamingaroundjp:20180607233642j:plain

小学校のセットがありまして、こちらは中に入って雰囲気を味わうことができます。

f:id:roamingaroundjp:20180607233651j:plain

入口の下駄箱です。見た目通り、靴を脱いで中に入ります。

f:id:roamingaroundjp:20180607233643j:plain

職員室の中です。子供用と大人用の大学ノートが置いてありましたが、内容をパラパラ見るとあまりレベルは変わらないようです。大人も小学生気分の戻ってしまったのでしょうかw

f:id:roamingaroundjp:20180607233644j:plain

廊下の様子です。部屋は教職員室と普通教室2つの3つだけのようです。

f:id:roamingaroundjp:20180607233645j:plain

ここにも土庄港で会った銅像の別バージョンがありました。泳ぐ鯉のぼりにはしゃぐ子供たち。

f:id:roamingaroundjp:20180607233646j:plain

菜の花と鯉のぼり

f:id:roamingaroundjp:20180607233647j:plain

 引き続き映画村散策を続けていきますが・・・なんだか気になる看板が。