写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

オリーブ公園再び~坂手港

(四国攻城その56/60)

下船後、切符売り場にあった小豆島環境協会を散策です。何故小豆島がオリーブの島になったのかということを中心に展示がされていました。

f:id:roamingaroundjp:20180607233706j:plain

次のバスまで時間があったので再度オリーブ公園に戻ってきました。やっぱりオリーブの季節はまだでした。

f:id:roamingaroundjp:20180607233707j:plain

再び風車の横を通り抜けて、高台に向かって登っていくとオリーブ発祥の地という石碑が堂々と掲げられていました。その周辺にいるのももちろんオリーブの木です。

f:id:roamingaroundjp:20180607233708j:plain

その高台から見た様子になります。二十四の瞳映画村は写真の右奥にあります。こう見ると陸地の幅が狭いですね。

f:id:roamingaroundjp:20180607233709j:plain

オリーブの木のトンネルです。ここでは中国人?がこのオリーブのトンネルを背景にモデル?の写真撮影が行われていました。

f:id:roamingaroundjp:20180607233710j:plain

オリーブの森から見た風車です。背景にある家の数々もあってか思いのほか画になりませんでした。

f:id:roamingaroundjp:20180607233711j:plain

この辺でいい時間になったのでバスに乗車して、途中、醤油蔵が数多くある地区を通過し(バスのドアが開くと醤油のいい匂いがw)、坂手港バス停で下車しました。バスはぎゅうぎゅうでしたが、下車したのは自分ただ一人。残りは二十四の瞳映画村へ向かったのでしょうか。

f:id:roamingaroundjp:20180607233712j:plain

坂手港に立っている歓迎を示す看板です。港周辺を散策です。

f:id:roamingaroundjp:20180607233716j:plain

ふ頭に立っていた謎のオブジェ(いつぞやの芸術祭での作品かと思われます)、

f:id:roamingaroundjp:20180607233713j:plain

徒歩乗船の方はここから乗船となるようです。

f:id:roamingaroundjp:20180607233714j:plain

謎の像、

f:id:roamingaroundjp:20180607233715j:plain

その像の背後に立っている岩肌むき出しの山を撮影です。

f:id:roamingaroundjp:20180607233717j:plain

 他にやることもなかったので、出航時間の2時間半前に到着していたのですが、そもそも切符売り場および待合室が開店するのが出航2時間前ということで、会場までの間周辺をウロウロせざるを得ませんでした・・・。

Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved