写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

タグクラウド風 最新カテゴリー

美井戸神社

(四国攻城その57/60)

右に見える竜の絵が描いてある建物が待合室兼切符売り場になります。これだけ見るとどこかの工事業者の事務所にしか見せません・・・。

f:id:roamingaroundjp:20180607233721j:plain

ふと対岸に見えた廃墟(?)です。何となく中を探索してみたい佇まいに見えます。

f:id:roamingaroundjp:20180607233718j:plain

とりあえず切符は購入して帰りの足は確保(※特定日は徒歩客も予約のみ受け付けとのことです)しましたが、時間はまだまだあったので、周辺を散策してみることにしました。坂手港へと続く交差点付近にあった石碑です。東宮御上陸地ということで、由緒ある(?)港のようです。

f:id:roamingaroundjp:20180607233722j:plain

近くの看板を見ると神社名と英語の名前が何一つマッチングしていない場所があったので、そこに向かうことにしました。

f:id:roamingaroundjp:20180607233723j:plain

で、看板を頼りに向かっていくのですが、途中に別の神社があったので寄ってみました。小豆島第三霊場って書いてあります。観音寺です。

f:id:roamingaroundjp:20180607233724j:plain

境内の中です。坂の中腹に立ってるためか、細長い感じでした。

f:id:roamingaroundjp:20180607233726j:plain

祭られているお釈迦様?です。

f:id:roamingaroundjp:20180607233725j:plain

観音寺を後にしてもう少し登ると今度は荒神社に到着です。この写真で全部というこじんまりした神社でした。むしろ周辺の荒れ模様が名前の由来と勘違いしそうな・・・。

f:id:roamingaroundjp:20180607233727j:plain

荒神社から更の登ります。案内看板が無くなって道が合っているのかが気になったところで建物が見えてきました。石碑はきっちりと神社ですが、何だか神社にしては後ろの建物が禍々しい・・・。寄ってみます。

f:id:roamingaroundjp:20180607233728j:plain

「神社」ではあるまじき像が井戸の中から姿を現してきました。なるほど、地下からの怒りですか。英文名のほうがイメージに近い感じですね。

f:id:roamingaroundjp:20180626205720j:plain

ということで、こんな神社考えたのは誰だ~と思っていたら、ビートたけしでした。だから美井戸(ビート)神社で、題材が"井戸"なわけですね。

f:id:roamingaroundjp:20180607233729j:plain

 ということで、目的のものも見れたので、あとは港の待合室で、船の到着を待つことにします。

それにしても、よく降らずに持ってくれたと思いますよ、この状態で・・・。

f:id:roamingaroundjp:20180607233720j:plain