写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

友ヶ島散策(第二砲台→友ヶ島灯台→日本標準子午線)

(ウォーキングC17-2/6)

さて、どんな感じで歩き回ったかというと、こんな感じです。一応、反時計回りで回ったつもりです。舞鶴発着での本州1周・・・に見えなくもないかな?

f:id:roamingaroundjp:20180712235043j:plain

道はというと、軍が要塞と化すために駐留していた時期もありますので、道幅の広い歩きやすい道が続きます(傾斜が緩いとは言っていません)。まず最初に到着したのが、

f:id:roamingaroundjp:20180419003046j:plain

第二砲台跡になります。当然といえば当然ですが、日時の経過で風化してかなり崩れ落ちています。

f:id:roamingaroundjp:20180419003047j:plain

がれきの隙間から淡路島方向を望みます。この間を敵が通過しないように守るのがこの島の役割となっています。

f:id:roamingaroundjp:20180419003048j:plain

砲門のあったと思われる方向からの一枚です。南国のような雰囲気を漂わせていますが、一応確認しておきますが、ここは和歌山県和歌山市内です。

f:id:roamingaroundjp:20180419003049j:plain

上空を見上げるとエバー航空でしょうか、関空へのアプローチ中の様子です。関空まで約25㎞の位置にこの島はあります。

f:id:roamingaroundjp:20180419003050j:plain

先を進み、次時到着したのが第一砲台へと続くトンネルですが、ここから先は柵で囲われて進めませんでした。

f:id:roamingaroundjp:20180419003051j:plain

このトンネルの横にある坂を登っていくと友が島燈台に到着です。この燈台はもちろん現役です(多分)。

f:id:roamingaroundjp:20180419003052j:plain

入り口にあった燈台の看板になります。

f:id:roamingaroundjp:20180419003053j:plain

ここの脇道から少し行ったところには日本の標準子午線が通過していることを表す標識が立っていました。f:id:roamingaroundjp:20180419003054j:plain

真北の方向には明石天文台があるはずです。で、南はというと・・・日本の標準子午線最南端の地ということで、日本の陸地はなく、パラオの脇をかすめて約4000㎞先のインドネシアにまで行ってしまいます。

f:id:roamingaroundjp:20180419003055j:plain

 と妙に壮大な話になったところで先に進みます。

Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved