写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

友ヶ島散策(第五砲台→第三砲台)

(ウォーキングC17-4/6)

海軍聴音所から次に向かったのが第五砲台です。思った以上に山を下る感じで、再び戻ると思うと気が滅入ってきそうですが、せっかくなので頑張ります。ということで、目的の場所に到着です。砲台が並んでいる跡ですので、奥行きはそれなりにあります。

f:id:roamingaroundjp:20180419003106j:plain

同門への入り口の扉です。しっかりと扉が付いています。

f:id:roamingaroundjp:20180419003107j:plain

砲門があったところへと上がります。階段で7段位だったでしょうか。当然ですが砲門はありません。

f:id:roamingaroundjp:20180419003108j:plain

上がるまでの7段の階段はこんな感じです。

f:id:roamingaroundjp:20180419003109j:plain

昔の遺構ということで、カラーよりも白黒のほうが雰囲気が出るような気がしましたので、弄ってみました。

f:id:roamingaroundjp:20180419003110j:plain

一通り回って今度はメインとなる第三砲台へと向かうのですが、その近くにあったのがこの巨大なアンテナ、関西空港の航空レーダーになります。航路上にあって、人もそんなに来ないところということで設置したんでしょうね。

f:id:roamingaroundjp:20180419003111j:plain

では第三砲塔の散策です。通路のトンネルです。当然真っ暗ですので、フラッシュを焚いてみました。こんな感じです。

f:id:roamingaroundjp:20180419003112j:plain

砲塔の場所があったと思われる窪みがあります。そこに水が溜まっていますが、独特な雰囲気が漂っていました。

f:id:roamingaroundjp:20180419003113j:plain

こちらが入り口側になるのでしょうか。

f:id:roamingaroundjp:20180419003114j:plain

通路の先まで歩いて逆を向いて撮影したものになります。ここが「天空のラピュタ」のような雰囲気が味わえるという人気(?)スポットになります。

f:id:roamingaroundjp:20180419003115j:plain

そのまま通路に沿ってレンガ積のアーチ?をくぐると第三砲台の出口にたどり着きます。

f:id:roamingaroundjp:20180419003116j:plain

引き続き島内散策を続けます。意外とアップダウンもあって一通り回るのも一苦労です。

Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved