Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

阪奈の境界、二上山(雄岳~雌岳)

(ウォーキングC24-2/5)

登山道を進んでいきます。ここの道は基本的に階段道となります。良く言えば整備されているともいえます。このときは登山道に対して不慣れというのもあって、永遠に続く階段道にやや嫌気がw

f:id:roamingaroundjp:20190120162238j:plain

途中で踊り場のような平坦な場所もあるのですが、わずかな骨休め区間、呼吸を整えて・・・

f:id:roamingaroundjp:20190120162239j:plain

再び階段道となります。

f:id:roamingaroundjp:20190120162240j:plain

木の階段だけではなく、鉄の階段も登場です。

f:id:roamingaroundjp:20190120162241j:plain

階段階段階段と続く中でコンクリで固められた場所が現れました。

f:id:roamingaroundjp:20190120162242j:plain

少し進んで回り込んでそのコンクリの先・・というか上までやって来ました。

大津皇子の墓でした。ここだけではありませんが思わぬとことで宮内庁管轄の墓が現れます。お城も山の上が多いので、宮家の方も上から・・と思えばまぁ、そうなのかなと。

f:id:roamingaroundjp:20190120162243j:plain

大津皇子の墓へと至る石柱です。

f:id:roamingaroundjp:20190120162244j:plain

その横には行場もあり、多数のお札が立てかけられていました。

f:id:roamingaroundjp:20190120162245j:plain

大津皇子の墓からは程なく歩いて雄岳山頂に到着です。看板は朽ちかけていました。

f:id:roamingaroundjp:20190120162246j:plain

こちらは展望自体もあまりありません。と言うことで、山頂の写真だけ撮って雌岳に向かって進んでいきます。

f:id:roamingaroundjp:20190120162247j:plain

いったん少し下って、馬の背と呼ばれる谷間を通過、

f:id:roamingaroundjp:20190120162249j:plain

再び階段道を登って、登り切った先に

f:id:roamingaroundjp:20190120162250j:plain

雌岳に到達となります。

f:id:roamingaroundjp:20190120162251j:plain

展望はこちらからは十二分にあるので紹介していきます。