Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング

京阪の境界 ポンポン山(善峯寺散策)

(ウォーキングC31-1)

本日は2018年3月25日ここは阪急京都線東向日駅です。特急は止まらない駅ですので、途中駅で普通か準急への乗り換えが必要になります。

f:id:roamingaroundjp:20190120163949j:plain

駅前にあるバス停からバスの乗車し、終点の善峯寺で下車します。ここをもう少し登ったところに登山道の入り口があるのですが、せっかくなので善峯寺に寄ってみます。

f:id:roamingaroundjp:20190120163951j:plain

バス停に境内地図の看板が出ていますが、広大そうです・・と言うか広大でした。じっくり回ろうとしたら半日は飛ばせそうです。

f:id:roamingaroundjp:20190120163950j:plain

では、早速お寺へ・・・って何なんでしょうかこの登山道のような参道はw

f:id:roamingaroundjp:20190120163953j:plain

バス停が遙か下に見えますが、入り口はまだ見えません。

f:id:roamingaroundjp:20190120163954j:plain

ようやく入り口のである東門に到着です。西国二十番札とのことです。

f:id:roamingaroundjp:20190120163955j:plain

東門を潜ると今度は西山宮門にたどり着きます。非常に立派でなんだか圧倒されてしまいました。入場料を支払って中に入っていきます。

f:id:roamingaroundjp:20190120163956j:plain

梅の花でしょうか?鮮やかな色を放っていました。

f:id:roamingaroundjp:20190120163957j:plain

少し開けた場所がありましたので行ってみます。こう見ると意外と高いところまでやってきたんだなーと言うことが分かります。

f:id:roamingaroundjp:20190120163958j:plain

京都の町並みが一望です。靄が掛かっていなければ良い景色だったんですけどねぇ・・

f:id:roamingaroundjp:20190120164001j:plain

その横に飛び込んできたのが「遊龍の松」。目の前に広がっている緑はすべて1本の松から来ています。国の天然記念物だそうです。

f:id:roamingaroundjp:20190120164000j:plain

 善峯寺散策を続けます。幸せを呼ぶ幸福地蔵です。この先の無事を祈願して・・。

f:id:roamingaroundjp:20190120164003j:plain

一応順路というものは存在しておるのですが、それを正直に回っていたら登山どころではないので、早回しに桂昌院廟(1705年建立)

f:id:roamingaroundjp:20190120164004j:plain

釈迦堂(1885年建立)

f:id:roamingaroundjp:20190120164005j:plain

稲荷社を遠くから、

f:id:roamingaroundjp:20190120164006j:plain

観音堂(本堂、1692年建立)、

f:id:roamingaroundjp:20190120164007j:plain

その本堂から見た山門(1719年建立)

f:id:roamingaroundjp:20190120164008j:plain

宝物館付近から見た本堂と山門、

f:id:roamingaroundjp:20190120164009j:plain

とそこから見た駐車場の様子です。車で来ればあの坂道は登る必要はなさそうです。で、ここから登山道へと向かうのですが、どうやって行くのかがよく分からなかったので、来た道を戻ることにしました。

f:id:roamingaroundjp:20190120164010j:plain

門を出ると石柱が建っているの気がつきました。そこに書かれている文字が「神経痛に腰痛」・・・バスで来る場合、ここまで来るだけで腰痛になりそうです^^;

f:id:roamingaroundjp:20190120164011j:plain

参道を逆走して車道と合流、そこから車道沿いに再度登っていくのですが、するとこんな看板を発見。駐車場への看板なのですがその横にあったのが「歩いての方も駐車場の奥へ」・・・って駐車場の入り口に開閉バーがあったので歩行者NGと思っていたら行けるんですかそうですか。無駄な上り下りをさせられてしまいました^^;

f:id:roamingaroundjp:20190120164013j:plain

さて気を取り直していよいよポンポン山へと通じる登山道の開始です。

f:id:roamingaroundjp:20190120164014j:plain