Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

桜旺盛な高取山登頂 (壺阪寺散策)

(ウォーキングC26-3/7)

 では壺阪寺の中を散策していきましょう。大講堂の横に入り口があり、入場料を払って中に入ります。

f:id:roamingaroundjp:20190120165856j:plain

入り口近くから「天竺渡来 大釈迦如来石像」が桜の花びらを纏って鎮座しております。

f:id:roamingaroundjp:20190120165857j:plain

石像群の横を通り抜けて、少し行くと仁王門に到着です。

f:id:roamingaroundjp:20190120165858j:plain

壺阪寺の石柱と仁王門、桜のコラボになります。良い感じ絢爛とはこのことを言うのでしょうか。

f:id:roamingaroundjp:20190120165859j:plain

大釈迦如来石像の近くにある千手観音になります。この周辺には何種類かの動物の石像があり、こんなことをしてみました。

f:id:roamingaroundjp:20190120165900j:plain

にゅっと出てくんなw

f:id:roamingaroundjp:20190120165901j:plain

大釈迦如来石像を正面から見たものです。1つだけがでーんと座っていると言うわけでは無く、たくさんの他の像も並んでいました。で、この像の不思議なところが、取り囲んでいる像たちになります。少し角度を変えると・・・

f:id:roamingaroundjp:20190120165902j:plain

ライオン?のような像があるかと思います。で、その反対側には・・・

f:id:roamingaroundjp:20190120165903j:plain

象の像まで。どうもこの像はインドとの交流記念に建てられたそうで、開眼が平成19年と非常に新しいものです。

f:id:roamingaroundjp:20190120165904j:plain

さきほどのライオン?の象のアップをもう一枚。

f:id:roamingaroundjp:20190120165905j:plain

さらに奥に行くとお里、澤市像があります。詳細はこちらにありますが、観音様を信じれば奇跡は起こる・・と言うお話です。

f:id:roamingaroundjp:20190120165907j:plain

禮堂の中ではひな祭り開催中で、奥の観音様の前に多数のおひな様が彩りを与えていました。麓の壺阪山駅周辺でひな祭りを開催しているのはこれが要因なんでしょうね。

f:id:roamingaroundjp:20190120165908j:plain

所狭しとおひな様が陳列されていました。一体何体あるのやら^^;

f:id:roamingaroundjp:20190120165909j:plain

この後は麓から見えた見えた観音様へと向かいます。