Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング

六甲山系トエンティクロス(新神戸駅~布引貯水池~六甲縦走路分岐)

(ウォーキングC34-1)

※このコースは昨年9月の台風で土砂崩れ等、相当な被害があったようで、今とは異なっている可能性があります。

本日は2018年5月5日。JR山陽新幹線および神戸市営地下鉄線が乗り入れる新神戸駅です。今回のスタートはこちらから。ここは六甲縦走路のほぼ中間点ということで、1日目は須磨浦公園~新神戸、2日目は新神戸~宝塚・・なんてことも出来る場所でもあります。

f:id:roamingaroundjp:20190210135052j:plain

また、ここは新幹線の駅でありながら滝まで徒歩10分という、時間調整のついでに滝が見れるという特徴もあったり。

f:id:roamingaroundjp:20190210135054j:plain

入り口には六甲山系の主な登山道の地図もあります。今回はこの中でこの地図上では「トゥエンティクロス」と呼ばれるコースを歩きます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135055j:plain

まずは布引の滝の雌滝を目指します。ここを経由しないルートもあるのですが、ついつい寄り道ばかりする悪い癖がありましてw

f:id:roamingaroundjp:20190210135056j:plain

雌滝を上から見るとこんな感じ。

f:id:roamingaroundjp:20190210135057j:plain

雄滝に到着です。シャッタスピード早めで一枚。

f:id:roamingaroundjp:20190310155705j:plain

スロー気味にしてもう一枚。未だに滝はどう撮れば良いのか分からない自分でした。水流があればスロー気味の方が良いのかなぁ。

f:id:roamingaroundjp:20190210135059j:plain

半吊り橋にやってきます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135100j:plain

猿のかずら橋と呼ぶそうです。猿がこの橋を占拠しても違和感は無い・・かも。

f:id:roamingaroundjp:20190210135101j:plain

で、この橋の横にあった看板は「トエンティクロス」。実は看板の度に名前が異なっており、このコースの正式名称って何が正しいんだ??と思ってしまいます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135102j:plain

なの無き滝もいくつかあり、

f:id:roamingaroundjp:20190210135103j:plain

ダムのすぐ横にも水流がそこそこある滝があります。

f:id:roamingaroundjp:20190310155753j:plain

布引貯水池を貯水するダムになります。横にある階段を上ることでダムの堰堤に出ることが出来ます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135105j:plain

正式には五本松堰堤と言うことですが、その完成時期が明治33年。平成がまもなく終わろうとしているということは、5つめの時代に突入するダムということになります。

f:id:roamingaroundjp:20190210135107j:plain

頭上には布引ハーブ園へと向かうロープウェーのゴンドラが行き来しています。

f:id:roamingaroundjp:20190210135106j:plain

ダムと一緒にロープウェーも写せる数少ない場所かと思います。布引貯水池に到着後はまずはそのダム湖に沿って進んでいきます。ものすごく自然に見えますが、ダム湖です。そして神戸市内です。

f:id:roamingaroundjp:20190210135108j:plain

ダムの方向を見ます。年季の入った堰堤とその奥にロープウェーのゴンドラも見えます。f:id:roamingaroundjp:20190210135109j:plain

ダム湖百選にも選定されているということでその証拠と共に。

f:id:roamingaroundjp:20190210135110j:plain

そういえばここも百選のうちでしたっけ。

ダム湖が終わると今度は川沿いに進んでいくことになりますが、しばらくはしっかりと舗装された歩道や車道が続きます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135111j:plain

新緑の中を進んでいくので気持ちいいですね。

f:id:roamingaroundjp:20190210135112j:plain

ダム湖が明治33年であれば、そのダム湖に至る設備もこれまた遺産級のものになります。なので、あわせてノスタルジックな雰囲気も味わうことが出来ます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135113j:plain

この分水堰堤&分水橋はそのうちの一つになります。

f:id:roamingaroundjp:20190210135114j:plain

六甲全山縦走路、再度山方向へとの分岐点になります。ここでの表記は「トエンティクロス」。

f:id:roamingaroundjp:20190210135115j:plain

六甲全山縦走路と合わせた表示ですが、こちらは特に表示は無し。

f:id:roamingaroundjp:20190210135116j:plain

もう周りは山と木しか見えなくなってきました。山の中って感じですね。

f:id:roamingaroundjp:20190210135117j:plain

そして少しだけ併走していた六甲全山縦走路とはここでお別れになります。ここでの表記も「トエンティクロス」です。

f:id:roamingaroundjp:20190210135118j:plain

 ここからが「トエンティクロス」と言う名前の由来となる道が始まります。如何せん、この名前を直訳すれば「20回渡渉する」と言うことですからね。