Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング

六甲山系トエンティクロス(シェーン道~穂高湖~摩耶山山頂)

(ウォーキングC34-3)

引き続き川に沿って進んでいく道になります。山道では大にして川沿いが登山道となるパターンはあるかと思いますが、身近に渡渉がたくさんある比較的難度の低いコースは少ないかと思います。頂上からケーブルカーで降りるというエスケープもありますし。

f:id:roamingaroundjp:20190210135147j:plain

こちらの道は整備度というと一枚落ちる感じですが、歩く分には特に問題ありません。

f:id:roamingaroundjp:20190210135148j:plain

突如として炭窯跡とか出てきますが、周囲にはそれを連想させるような他の遺構もありませんでした。

f:id:roamingaroundjp:20190210135149j:plain

三叉路にやってきましたが・・・あれ?なんか交差点が水没してません?深さも膝下が水没するくらいはありそうで、どうしたものか・・・。

f:id:roamingaroundjp:20190210135150j:plain

渡れました。少し外れた場所に飛び石があり、それを利用して対岸へ。運良く他の人がそれをやってたので見よう見まねで。

f:id:roamingaroundjp:20190210135151j:plain

再び看板を頼りに穂高湖に向かって進んでいきましょう。

f:id:roamingaroundjp:20190210135152j:plain

渡渉箇所、まだありました。

f:id:roamingaroundjp:20190210135153j:plain

車が通れそうな道幅の道に出てきました。このまままっすぐ進むと

f:id:roamingaroundjp:20190210135154j:plain

ダムの壁と遭遇。ここでコースは湖を左回りで回るか右回りで回るかの分岐がありましたので、

f:id:roamingaroundjp:20190210135155j:plain

左回りの湖を周遊するルートを選択です。穂高湖って長野にありそうななめですが、兵庫県内にあるダム湖でした。

f:id:roamingaroundjp:20190210135156j:plain

湖を3/4周したところでベンチと湖畔のようなスペースがあり、何人かがご飯を食べていましたので、f:id:roamingaroundjp:20190210135157j:plain

それにあやかってこちらもエネルギー補給です。最悪食べずに持ち帰ってもいいようにと言う選択です。

f:id:roamingaroundjp:20190210135159j:plain

ベンチ付近からの様子です。遊歩道の先端で弁当を広げている方も居ました。ダムの構造物からは死角なので特等席ですね。

f:id:roamingaroundjp:20190210135158j:plain

パンを口に押し込んでそそくさと出発です。車道側には「穂高湖」と書かれた立派な石柱が立っていました。

f:id:roamingaroundjp:20190210135200j:plain

 ダム湖なんですけどね・・。穂高湖を出発して先を進みましょう。出発してすぐに車道に出て、それに沿って歩くことになるのですが、

f:id:roamingaroundjp:20190210135201j:plain

すぐにアゴニー坂が登場。車道沿いをそのままでも良さそうなのですが、ここは"登山"しに来たと言うこともあってアゴニー坂を登っていくことに。

f:id:roamingaroundjp:20190210135202j:plain

この坂、以外とくせ者で、これまでのゆるゆる坂からすると岩あるわ、妙に急だわで600mほど登った後だと意外と堪えます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135203j:plain

地図によればこの辺に摩耶別山の山頂があるはずなのですが、この施設の中でしょうか。実は摩耶山よりも高いとこりにあり、ここが今回の最高地点になります。

f:id:roamingaroundjp:20190210135204j:plain

この辺からはチラチラと景色が広がりはじめってきました。

f:id:roamingaroundjp:20190210135205j:plain

道はホテルの横を通過し、

f:id:roamingaroundjp:20190210135206j:plain

少し逸れて摩耶の石舞台という場所に。何かあるのかと思いましたが、特に何もありませんでした。

f:id:roamingaroundjp:20190210135207j:plain

一応こんな景色は広がっていましたが、この霞具合だと感動もいまいちって感じです。

f:id:roamingaroundjp:20190210135208j:plain

そしていよいよ摩耶山の名所である掬星台に到着となります。神戸市内が眼下に広がっています。霞がひどいので少し画像処理をして、

f:id:roamingaroundjp:20190210135209j:plain

こんな感じ。視界がクリアであれば眼下のポートアイランドー神戸空港ー関西空港ー大阪泉南地区が見えたということになります。

f:id:roamingaroundjp:20190210135210j:plain

摩耶山へ上がるためのロープウェーです。これがあるのでここからの夜景もきれいに見ることが出来るかと思いますし、ここで終了にして降りることも出来ます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135211j:plain

掬星台の看板です。

f:id:roamingaroundjp:20190210135212j:plain

展望台からの風景を堪能した後はそのまま掬星台を通過して摩耶山の山頂へと向かいます。山頂は林の中にぽつり。看板はそれなりにあったので、迷うことは無いでしょうが、道路から少し中に入った以外と目立たない場所にありました。

f:id:roamingaroundjp:20190210135213j:plain

近くには天狗岩と鳥居が。

f:id:roamingaroundjp:20190210135214j:plain

その天狗岩です。

f:id:roamingaroundjp:20190210135215j:plain

山頂を制覇して下っていくことにしましょう。今回はひたすら青谷道に沿って下っていきます。

f:id:roamingaroundjp:20190210135216j:plain