Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング

旧北陸線跡(伊良谷隧道~中山峠)

(ウォーキングC49-4)

では、最後の隧道の中を進んでいきましょう。

f:id:roamingaroundjp:20190811105149j:plain

ここはほかの隧道とも大きく雰囲気が変わります。これまでの隧道にはなかったものもいくつか見ることが出来ました。

f:id:roamingaroundjp:20190811105152j:plain

電線を這わせるためのローラーのようなものが3本とフックが1つ見えます。

f:id:roamingaroundjp:20190811105158j:plain

退避箇所用の穴です。ここからも分かりますが、トンネル全体がレンガ敷きになっていて、上半分下半分の境目が分かりません。

f:id:roamingaroundjp:20190811105204j:plain

暖炉がそこにあるかのように見えます。なんとなくハリポタの生徒とかホウキを持った魔女が現れそうなそんな雰囲気です。

f:id:roamingaroundjp:20190811105209j:plain

ここにもフックを発見。F4のカメラですので、この暗さでの撮影はなかなか難しい。

f:id:roamingaroundjp:20190811105213j:plain

何処かのヨーロッパのお城の城壁・・と言って信じてもらえるかな?なんて。

f:id:roamingaroundjp:20190811104507j:plain

トンネルを抜けました。出てきたのは右のトンネルからですが、おや?左にもトンネルが。

f:id:roamingaroundjp:20190811104521j:plain

ここはすれ違い用の退避線路で、トンネルを作らないと長さが足りなかった‥と言うことのようです。で、そのトンネルの中ですが、

f:id:roamingaroundjp:20190811104516j:plain

50という文字と製造年でしょうか、1956年3月の刻印があります。

f:id:roamingaroundjp:20190811104511j:plain

トンネルのすぐ先には山中峠の標識があり、ここが本コースの最高地点となります。ということで、ここから先はひたすら下りになります。

f:id:roamingaroundjp:20190811104527j:plain

また、この区間はトンネルも一切なく、山の中の舗装道路を進むという形になります。

f:id:roamingaroundjp:20190811104532j:plain

この辺でも列車がすれ違えるように広い場所がとられています。

f:id:roamingaroundjp:20190811104535j:plain