Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

金剛登山口~千早城跡~4合目 (初雪後の金剛山1)

 

 (ウォーキングC41-1)

1.なんば駅→金剛登山口

本日は2018年12月15日。本日向かうは霧氷で有名な金剛山。雪道になる前に一度下見してみよう・・と言うのが本来の目的でした。ということで、まずは南海電車なんば駅から高野線で河内長野駅までまずは向かいます。

f:id:roamingaroundjp:20190908124053j:plain

ホームに3周年ヘッドマークを着けた泉北ライナーが居ましたので発車までの待ち時間でパシャリ。誰かが乗っている雰囲気が無いのですが、休日の早朝に果たして需要はあるのでしょうか・・・。

f:id:roamingaroundjp:20190908124059j:plain

河内長野駅からバスに乗って今回のスタート地点である金剛登山口にやってきました。

f:id:roamingaroundjp:20190908124107j:plain

バスの時刻表です。登山客輸送がメインなのか、平日よりも休日の方が本数がかなり多いです。時間帯も日の入り前位で最終ですしね。

f:id:roamingaroundjp:20190908124112j:plain

2.登山口→千早城址

では早速進んでいきましょう。用水路に小さな水車があったのでパシャリ。観賞用でしょうかね。

f:id:roamingaroundjp:20190908124119j:plain

では、本格的な登山道に入ります。入り口では軽アイゼン「だけ」を販売する露店がありました。霧氷で有名な山ですので、ある意味かき入れ時なのかな・・と。

f:id:roamingaroundjp:20190908124124j:plain

しばらく進むと千早城址との分岐点に差し掛かってきました。ちょっだけ寄り道になる程度でしたので、寄ってみることにしました。

f:id:roamingaroundjp:20190908124131j:plain

こちらのみちもしっかりと整備されており、ひたすらな階段道になっています。

f:id:roamingaroundjp:20190908124138j:plain

バス停から15分ほどで千早城跡に到着です。千早神社と石柱はありますが、神社自体はもっと奥まったところにあります。

f:id:roamingaroundjp:20190908124143j:plain

こちらには千早城址と書かれた看板があります。まぁ、城の痕跡は余りなさそうな何も無い広場ですけれどもね。

f:id:roamingaroundjp:20190908124148j:plain

鎧を纏ったかかしが居たくらいでしょうか。

f:id:roamingaroundjp:20190908124153j:plain

ふと金剛山方向を見ると、あれ?なんか白い?何かが降るという予報では無かったんだけど・・・。、まさか、霧氷が出来ている?なんて淡い期待をしながら先を進んでいくことになってしまいました。

f:id:roamingaroundjp:20190908124159j:plain

千早神社へと続く参道にある鳥居と狛犬です。

f:id:roamingaroundjp:20190908124206j:plain

奥の方に行くと今度は千早城址という立派な石柱が立っていました。これだけ張り切って建てたのだから近くに説明書きの看板くらいあっても良いような?

f:id:roamingaroundjp:20190908124215j:plain

千早神社の境内と634mと書かれた看板を発見。スカイツリーを意識して立てた看板なのでしょうかね。

f:id:roamingaroundjp:20190908124222j:plain

境内に近づきます。肝心なご神体はどこにあるのかな?と思ったら、

f:id:roamingaroundjp:20190908124228j:plain

裏にある建物の中にあるようです。

f:id:roamingaroundjp:20190908124233j:plain

3.千早神社→千早本道4合目

神社の裏道を進んでいきます。このまま進めば再度金剛山への登山道と合流します。

f:id:roamingaroundjp:20190908124242j:plain

こちらは中々ワイルドな道ですねぇ。緑が生い茂っている季節だったら獣道になっているのかな?

f:id:roamingaroundjp:20190908124247j:plain

本道との合流地点です。ここにも634mの看板が。なるほど、道中アップダウンありましたが、神社と同じ標高なんですねここ。

f:id:roamingaroundjp:20190908124253j:plain

引き続き登っていきましょう。この道の特徴はひたすらに続く階段道になります。はい。傾斜があればすかさず階段って感じです。

f:id:roamingaroundjp:20190908124258j:plain

千早神社から10分ほどで3合目を通過。

f:id:roamingaroundjp:20190908124305j:plain

緩い傾斜でももれなく階段道です。霧氷を訪れる客用に雪山対策で登りやすくしたのかな?

f:id:roamingaroundjp:20190908124312j:plain

道幅も広く、良く整備された道です。当然、その分人も沢山居ましたが。

f:id:roamingaroundjp:20190908124320j:plain

3合目から6分で4合目に到着です。

f:id:roamingaroundjp:20190908124326j:plain

目の前にあるのはやはり階段道でした。