Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング

大晦日の高尾山 (高尾山口駅~稲荷山登山口~稲荷山)

 

(ウォーキングC53-1)

1.大阪から東へ・・・

本日は2018年12月30日。東海道新幹線の中、新大阪から東京方面へと進んでいきます。一度登った山を見ると何だか感慨深く感じてしまいますね・・。

f:id:roamingaroundjp:20191004234452j:plain

ということで、雪のかぶった伊吹山を通過し、

f:id:roamingaroundjp:20191004234458j:plain

日が傾いてきた中、自分乗る電車のシルエットをぼーっと眺めていると、

f:id:roamingaroundjp:20191004234508j:plain

とても良い感じに赤く染まった富士山が目の前に。東海道新幹線からの景色と言ったらやっぱりこれですよねー(と言いながら、最近はB席が空席になることを期待してA席ばっかり予約しています)

f:id:roamingaroundjp:20191004234512j:plain

2.高尾山口駅→稲荷山コース入口

そして、その翌日の2018年12月31日大晦日。日中はこれと行って予定が無かったので、急遽高尾山に登ってみることにしました。

f:id:roamingaroundjp:20191004234526j:plain

最初は単純に高尾山の山頂を往復する予定でしたが、時間を見ながら行けるところまで行くことにしてみました。

f:id:roamingaroundjp:20191004234532j:plain

駅から歩いてとりあえずは登山口が集中するケーブルカー乗り場方向へ。

f:id:roamingaroundjp:20191004234542j:plain

少し気が早いですがすでに平成31年の謹賀新年の旗が掲げられていました。まぁ、日付変更線付近は暗いし人だらけでしょうし、しょうがありません。

f:id:roamingaroundjp:20191004234549j:plain

マンホールの絵柄は何かというと、八王子の車人形とのことでした。

f:id:roamingaroundjp:20191004234553j:plain

白黒版です、こっちの方が版画みたいな感じがして良かったりします。

f:id:roamingaroundjp:20191004234602j:plain

さて、どこのコースを進もうかなと言うことで、何となく一番登山道っぽそうな稲荷山コースで登ることとします。では、稲荷山コースでの登頂開始です。

f:id:roamingaroundjp:20191004234608j:plain

3.稲荷山コース(入り口~稲荷山)

・・・と早速”稲荷”山と言うからにはということで、稲荷神社と狛犬がありました。

f:id:roamingaroundjp:20191004234613j:plain

道自体は階段があったり、岩が出っ張ったりする区間があったりと、まぁ、超有名所の山らしく、整備はしっかりとされていました。

f:id:roamingaroundjp:20191004234619j:plain

階段が無い区間でもこんな感じでキレイに道が整備されています。落ち葉とか無くてかえって不自然に見えなくも無い。

f:id:roamingaroundjp:20191004233830j:plain

所々こんな感じで石が出っ張った区間もありますが、足下にさえ気をつければ何も問題なく通過できます。

f:id:roamingaroundjp:20191004233837j:plain

所々位置表示を示す看板もあります。

f:id:roamingaroundjp:20191004233844j:plain

スイスイと進んでしまえそうななだらかな道です。一応標高差としては山頂まで400mあるんですけどね。

f:id:roamingaroundjp:20191004233850j:plain

木の根っこが入り乱れている区間を通過と、足下的にはそれなりに変化があります。

f:id:roamingaroundjp:20191004233856j:plain

開けた場所に出てきました。ここから東京方向が一望できます。

f:id:roamingaroundjp:20191004233903j:plain

70mmレンズを頑張ってアップにしてみます。スカイツリーがその存在感を示しています。

f:id:roamingaroundjp:20191004233908j:plain

ところで、ここ自体稲荷山(?)の山頂っぽいのですが、特段案内も無く、1.4km/3.1kmの表示だけが建っていました。

f:id:roamingaroundjp:20191004233915j:plain

 続く