Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

追分駅~林道~牛尾観音 (京都から滋賀へと抜ける音羽山1)

(ウォーキングC47-1)

1.追分駅→牛尾山ハイキングコース入口

本日は2019年3月8日。こちらは京阪京津線追分駅です。京阪という大手私鉄のイメージからはかけ離れた最大61‰の勾配を行き来する隠れ山岳路線だったりします。

f:id:roamingaroundjp:20191208202252j:plain

この駅もその最大傾斜区間へ向かう途中ということで、線路は傾斜しているのが分かるかと思います。

f:id:roamingaroundjp:20191208202256j:plain

駅改札を出て、地下連絡道を通過し、

f:id:roamingaroundjp:20191208202301j:plain

牛尾ハイキングコースと書かれた看板通りに進んでいきます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202305j:plain

花火にボートに観光線船に観覧車にヨット・・ってこれでもかとマンホールの絵柄に詰め込みまくっています。

f:id:roamingaroundjp:20191208202309j:plain

この辺は京都府京都市と滋賀県大津市の境となります。京阪京津線の最大勾配区間も県境となる峠を越すための斜面だったりするわけです。

f:id:roamingaroundjp:20191208202315j:plain

ちょっとだけ国道1号線沿いに進んでいきます。高速道路の下をくぐった先に分岐があり、そこを右に折れます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202320j:plain

案内板も一応ありますので、それも併せてチェックです。

f:id:roamingaroundjp:20191208202325j:plain

左手に竹林、右手に高速道路に挟まれた道をしばらく進みます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202331j:plain

ここで一旦滋賀県から京都府に戻ります。

f:id:roamingaroundjp:20191208202336j:plain

意外と交通量が多く、やってくる車に気を付けながら先を進んでいきます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202341j:plain

住宅地区間に入ってきました。この辺は地図を頼りに先を進んでいきます。まぁ、山の方向に進んでいけばとりあえずはOKなんですけどね。

f:id:roamingaroundjp:20191208202345j:plain

途中渋い石柱の案内板を発見。これがあるということは道は間違っていないということですよね。

f:id:roamingaroundjp:20191208202350j:plain

今回の目的地である音羽山方向を見ると、何だかてっぺん付近が白いんですけど^^;

雪装備持ってきていないけど大丈夫かなぁ・・・

f:id:roamingaroundjp:20191208202355j:plain

この道は牛尾観音への参道ということもあり、所々案内板と神社も点在しています。

f:id:roamingaroundjp:20191208202401j:plain

追分駅から22分ほどで住宅地も抜け、山岳区間に入ってきます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202405j:plain

牛尾山ハイキングコースの入り口に設置してあった看板です。やはりというか、何というか縦横無尽にコースが張り巡らされています。

f:id:roamingaroundjp:20191208202409j:plain

2.牛尾山ハイキングコース→牛尾観音

今回はまずは牛尾観音を目指し進んでいきますが、その観音までは川沿いに舗装道路がひたすら続きます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202413j:plain

道はこんな感じで、まぁ良くある山の中の1車線道路って感じですね。

f:id:roamingaroundjp:20191208202417j:plain

観音への参道ということで、山岳区間になってもいろいろなものが祭られています。

f:id:roamingaroundjp:20191208202421j:plain

牛尾山と彫られている石柱もあったりします。なので、ただの林道と思っていたら、その「参道」っぷりに戸惑うかもしれません。

f:id:roamingaroundjp:20191208202425j:plain

過去この辺ではがけ崩れが起きたと思われる生々しい跡を発見。折角(?)なので斜面目線で一枚撮影。

f:id:roamingaroundjp:20191208202431j:plain

道中様々な場所にお地蔵さんも鎮座していますので、退屈になりやすい林道もそれなりの発見を見つけながら進めます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202435j:plain

そして、「参道」だからなのか、大小ある滝のすべてに名前が付けられていて、その看板も至る所で見ることができます。ここは聴呪の滝。聞きほれたら呪われるのでしょうか・・。

f:id:roamingaroundjp:20191208202442j:plain

道は川沿いにくねくねと進んでいきます。こんなミニ渓谷のような場所も。

f:id:roamingaroundjp:20191208202445j:plain

文字をくりぬかれた岩があったり、

f:id:roamingaroundjp:20191208202450j:plain

こちらでは滝の名前と歌碑まで完備されていました。この道、もう少し「参道」ということをアピールすれば人も来るのではないでしょうか。ま、オーバーツーリズムが叫ばれている中で、増えすぎても麓の方々が迷惑するのでそっとしておいてほしい・・というところでしょうね。

f:id:roamingaroundjp:20191208202454j:plain

道と川の高低差がなくなってきました。

f:id:roamingaroundjp:20191208202459j:plain

山岳区間に入って30分ほどで分岐点にやってきました。

f:id:roamingaroundjp:20191208202503j:plain

一般の車道はこの辺までとなり、牛尾観音へは、

f:id:roamingaroundjp:20191208202509j:plain

最後の階段道を登りきる必要があります。

f:id:roamingaroundjp:20191208202517j:plain

登り切りました。正面に見える階段がハイキング道の続きとなりますが、

f:id:roamingaroundjp:20191208202521j:plain

ちょっとだけ牛尾観音を散策します。

f:id:roamingaroundjp:20191208202525j:plain