Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング

貯水池~石山寺~石山寺駅 (京都から滋賀へと抜ける音羽山3)

(ウォーキングC58-3)

6.貯水池→近津尾神社

貯水池から今来た方向を覗いてみます。まぁ、山ですな。そして・・・

f:id:roamingaroundjp:20191208203003j:plain

花粉がブワっと^^; はっきりとした花粉の塊が舞い上がっています。はっくしょんw

f:id:roamingaroundjp:20191208203009j:plain

ハイキング道に戻ります。両側に貯水池があり、その間を縫うように進みます。

f:id:roamingaroundjp:20191208203013j:plain

車道が現れました。ここからはほぼ舗装道となります。道標の石山寺に向かって進んでいきましょう。

f:id:roamingaroundjp:20191208203018j:plain

すぐにふれあい広場・・アスレチック広場でしょうか。の横を通過します。自然あふれてなんだか良いですね。地元の人用って感じですね。

f:id:roamingaroundjp:20191208203022j:plain

住宅地も林立するようになってきました。この辺からは迷子との戦いになります。

f:id:roamingaroundjp:20191208203028j:plain

石山寺まであと3.4㎞。しっかりと東海自然歩道です。

f:id:roamingaroundjp:20191208203033j:plain

道脇にあった近津尾神社に寄ってみます。少し高台に境内は位置しています。

f:id:roamingaroundjp:20191208203038j:plain

本殿は思いのほか立派でした。

f:id:roamingaroundjp:20191208203041j:plain

その奥には史蹟までありました。1690年ごろにかの松尾芭蕉がココに建っていた建物に住み着いていたのだとか。

f:id:roamingaroundjp:20191208203047j:plain

再び車道に戻って先を進むと先ほど訪れた近津尾神社の鳥居が待ち構えていました。なかなか位置関係的には分かりづらいところに、まぁ・・・。

f:id:roamingaroundjp:20191208203051j:plain

7.石山寺へ

再び東海自然歩道の道標を発見です。

f:id:roamingaroundjp:20191208203055j:plain

ここから石山寺まではその石山寺の裏手にある丘?山?のすそ野を回るような形で進んでいきます。実は案内なく、反時計回りの方向で進んでみることに。

f:id:roamingaroundjp:20191208203059j:plain

しばらくの車道歩きででしたが、看板もなく、少し不安になってきたところで遊歩道が登場。そこに石山寺の文字があったのでひと安心。

f:id:roamingaroundjp:20191208203105j:plain

しばらくはその遊歩道に沿って進んでいくことにします。

f:id:roamingaroundjp:20191208203109j:plain

のどかな川沿いの道を進みます。

f:id:roamingaroundjp:20191208203113j:plain

大津市のマンホールです。これでもかという位詰め込んでいますw

f:id:roamingaroundjp:20191208203117j:plain

お、東海自然歩道の看板復活。とりあえず復帰した模様です。

f:id:roamingaroundjp:20200109205112j:plain

8.石山寺

ということで、無事石山寺に到着。梅が見ごろということで折角なので中に入って参拝してみます。

f:id:roamingaroundjp:20191208202143j:plain

もう少し季節が進むとここも桜一色になるのでしょうね。

f:id:roamingaroundjp:20191208202149j:plain

敷地面積は広く、また、それなりのアップダウンもあるので、すでに相当のアップダウンを経てきた後には少し辛い参拝となってしまいましたw

f:id:roamingaroundjp:20191208202153j:plain

苔&鳥居。

f:id:roamingaroundjp:20191208202157j:plain

奥のほうまで行くと急に雰囲気がうっそうとして、これまでとは全然違う雰囲気のなか、龍穴の池が佇んでいました。

f:id:roamingaroundjp:20191208202201j:plain

再び寺の外周道路を周回します。スイセンが咲いていたのでパシャリ。

f:id:roamingaroundjp:20191208202211j:plain

紫式部が梅の花の間で何やら書き物をしている・・・という絵で撮影してみました。梅の咲き揃い感はイマイチですが、それでも、「春」って分かる一枚にはなったかな?

f:id:roamingaroundjp:20191208202206j:plain

少し高台にあるので、景観もあるのかなと思っていたら、思いのほかありませんでした・・・。湖西の山々を入れるのが精いっぱい><

f:id:roamingaroundjp:20191208202216j:plain

梅園にやってきました。うーん、やっぱり何だか物足りなさが^^;

f:id:roamingaroundjp:20191208202220j:plain

雷神?のような風体の石像を見つつ、石山寺を後にします。

f:id:roamingaroundjp:20191208202223j:plain

9.石山寺駅→帰路

寺は琵琶湖から宇治を経由して淀川へと繋ぐ瀬田川の目の前にあります。ということで、その河川敷からの一枚です。

f:id:roamingaroundjp:20191208202228j:plain

川の看板もあったので1枚。

f:id:roamingaroundjp:20191208202233j:plain

瀬田川の沿った歩道を歩くのも良し、一旦瀬田川に降りて河川敷を歩くのも良し、どっちにしても10分足らずで今回のゴールである石山寺駅に到着です。

f:id:roamingaroundjp:20191208202238j:plain

で、ホームで出迎えてくれたのが・・・鉄道娘の立て看板でした^^;。京阪自体は大手私鉄なのですが、路線的にはローカルなので、設定した?

f:id:roamingaroundjp:20191208202242j:plain

無人だったので車内の様子もパシャリ。

f:id:roamingaroundjp:20191208202245j:plain

石山寺から2駅先にある石山駅でJR線と乗り換えなのですが、改札へと上がる階段にもでかでかと居ました。

f:id:roamingaroundjp:20191208202249j:plain

 ということで、コース図と高低差になります。山をひと越えって感じのルートになっています。距離も石山寺を周回したということもあり、17㎞とやや長めの距離に。石山寺を経由していなかったらそのまま石山駅まで歩いてたかも。

 

  簡易表です。

出発 京阪/追分駅(103m)
到着
京阪/石山寺駅(89m)
経由 東海自然歩道
歩数 23,525
距離
17.0km(GPS)
時間

5:13 (9:29-14:42)

日付
2019.03.08
最高点 音羽山(593m)
最低点

瀬田川河川敷(85m)