Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

歌碑~崇道天皇陵~弘仁寺 (山の辺の道 北コース2)

(ウォーキングC52-2)

 4.歌碑~白山比咩神社~嶋田神社~崇道天皇陵

この貯水池のへりに沿って進んでいきます。

f:id:roamingaroundjp:20200126201214j:plain

ここで右に行くルートと柵を越えて先に行くルートがあります。柵自体はイノシシ除けで通行する分には問題ないとの看板がありましたので、

f:id:roamingaroundjp:20200126201219j:plain

その竹藪を突破していきます。小山を中央突破するか、ヘリを回り込むかの違いですので、

f:id:roamingaroundjp:20200126201227j:plain

最終的には同じところに合流です。

f:id:roamingaroundjp:20200126201231j:plain

看板もたくさんあるのですが、このような何の道なのかが良く分からない場所もあったりして、本当に正しいのかどうかはもう、看板を信じるかどうか・・ですw

f:id:roamingaroundjp:20200126201235j:plain

しばらく車道沿いを進んでいきます。

f:id:roamingaroundjp:20200126201240j:plain

住宅地・農地・岡や丘を縫うようにして道があるので、色んな種類の道が楽しめるのも楽しいのですが・・。

f:id:roamingaroundjp:20200126201245j:plain

奈良盆地の西側のへりを進む道ですので、常に生駒山が目印になります。

f:id:roamingaroundjp:20200126201249j:plain

歌碑から23分で白山比咩神社の横通過していきます。

f:id:roamingaroundjp:20200126201254j:plain

そこから4分ほど先にある嶋田神社。

f:id:roamingaroundjp:20200126201258j:plain

その近くにあった歌碑にド・ストレートな感想文が・・・。

「あをによし奈良の大道は行きよけどこの山道は行き悪しかりけり」で、

「あをによし奈良の都大路は通り易いが、この山道はなんと通り難いことだろう。」

現代でも色んな意味で通りづらいです・・。

f:id:roamingaroundjp:20200328193400j:plain

 

5.崇道天皇陵~弁財天社~弘仁寺

そこから3分で崇道天皇陵に到着です。奥が良く分かりませんでしたが(古墳ではなさそう)、手前には宮内庁のアノ看板がありますので、まぁそういう場所です。

f:id:roamingaroundjp:20200126201306j:plain

この天皇陵の裏にある貯水池の横にも

f:id:roamingaroundjp:20200126201309j:plain

歌碑です。ただし、万葉集ではなく、日本書紀ということで、ベタベタに歴史感満載な道であることを改めて思い知らされます。

f:id:roamingaroundjp:20200126201314j:plain

花々が彩りよく咲いていましたので一枚。

f:id:roamingaroundjp:20200126201317j:plain

そのまま小高い丘(?)を中央突破するように進んでいき、

f:id:roamingaroundjp:20200126201322j:plain

圓照寺へと続く参道に出てきます。

f:id:roamingaroundjp:20200126201326j:plain

その圓照寺自体は一般人の参拝不可ということで、行けるところまで行って一枚。

f:id:roamingaroundjp:20200126201334j:plain

山をもう一越えして反対側の鳥居を通過すると、

f:id:roamingaroundjp:20200126201339j:plain

歌碑ですw

f:id:roamingaroundjp:20200126201343j:plain

ここの池の真ん中には弁財天社と呼ばれる社があり寄ってみます。中には小さな祠が一つのみというシンプルなものでした。

f:id:roamingaroundjp:20200126201347j:plain

別の角度から見るとこんな感じ。中々開放的な場所に鳥居があったので、

f:id:roamingaroundjp:20200126201356j:plain

生駒山をバックに一枚撮影してみました。近代的な建物が大量に写っていますが、それでも歴史は感じられます。

f:id:roamingaroundjp:20200126201351j:plain

崇道天皇陵から約30分でやはり歌碑とベンチと道標の登場です。

 近鉄が発行している「てくてくまっぷ」的にはここが奈良-⑦と-⑧の交差点となり、それに倣うと今回はその2コースを一括して歩く・・ということになります。

f:id:roamingaroundjp:20200126201402j:plain

折角のベンチなので、小休止ののち出発です。ここからしばらくは比較的交通量のある車道歩きとなります。

f:id:roamingaroundjp:20200126201408j:plain

見どころもないので看板沿いに黙々と。

f:id:roamingaroundjp:20200126201415j:plain

突如大きな時計はあるものの、

f:id:roamingaroundjp:20200126201419j:plain

こんな感じの道を進んでいきますので、中だるみ感もちょっと出てきます。

f:id:roamingaroundjp:20200126201422j:plain

休憩地点から約30分で弘仁寺の奥の院にやってきました。はい、お寺の裏側からの訪問のようです。

f:id:roamingaroundjp:20200126201427j:plain

その階段を登った先には、

f:id:roamingaroundjp:20200126201434j:plain

いよいよ石上神宮の文字が道しるべに登場です。で、この横にある三脚は一体^^;

f:id:roamingaroundjp:20200126201439j:plain

本殿はこんな感じ。画角一杯です。

f:id:roamingaroundjp:20200126201443j:plain

別角度から桜を写し込んでみました。その前ではテレビカメラを構えた方が親子を取材(?)していました。あの三脚はこれと関係しているのかな?

f:id:roamingaroundjp:20200126201448j:plain

この辺では桜はまだまだ見頃のようでした。

f:id:roamingaroundjp:20200126201453j:plain