Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング

春を探しに山の辺の道(南)へ 概要編

1.本編

2.概要編

本日は2月23日、ここは近鉄天理線、天理駅に向かう車中です。座席からふと見上げるとこんなものが。何種類かあるレアつり革の中では遭遇率は高いようです。これは合格祈願なつり革でした。合格を「掴め」だそうで。

f:id:roamingaroundjp:20190224135405j:plain

出発地の天理駅です。土曜の通学時間帯を過ぎた辺りでしたので、同じ目的と思われる格好をされた方が映えますw

f:id:roamingaroundjp:20190224135406j:plain

天理教の総本山の横を通過していきます。

f:id:roamingaroundjp:20190224135407j:plain

山辺の道の合流地点である石上神宮に到着です。メインルートはここから南下する南ルートと奈良駅方向へと進む北方向があります。

f:id:roamingaroundjp:20190224135408j:plain

夜都伎神社です。本殿の屋根が藁でできた珍しい神社でもあります。

f:id:roamingaroundjp:20190224135409j:plain

菜の花畑と生駒山系の様子です。電波塔も映り込んでいます。

f:id:roamingaroundjp:20190224135410j:plain

衾田陵付近から見た様子です。大和三山がはっきりと見えます。ただ、春っぽさはありません。

f:id:roamingaroundjp:20190224135412j:plain

その衾田陵です。

f:id:roamingaroundjp:20190224135411j:plain

2つの古墳の間を通っていきます。右奥には大和三山の姿も。

f:id:roamingaroundjp:20190224135413j:plain

道中所々に菜の花が黄色く花を咲かせていました。

f:id:roamingaroundjp:20190224135414j:plain

梅の間から顔を出す二上山の様子です。その容姿から、一度気にするとやたらと目立つ山です。

f:id:roamingaroundjp:20190224135415j:plain

相撲神社の境内です。相撲発祥の地と言うことですが、他にも同じことを言っている場所があったような・・

f:id:roamingaroundjp:20190224135416j:plain

桧原神社のしめ縄と先にある神殿です。やたらと二上山が気になると言いましたが、

f:id:roamingaroundjp:20190224135418j:plain

ここ桧原神社の参道は二上山しか見えませんw

f:id:roamingaroundjp:20190224135417j:plain

後は沿道にある狭井神社

f:id:roamingaroundjp:20190224135419j:plain

三輪平等院などを経由し、

f:id:roamingaroundjp:20190224135420j:plain

大和川を渡って

f:id:roamingaroundjp:20190224135421j:plain

山辺の道の起点となる桜井駅でゴールです。

f:id:roamingaroundjp:20190224135422j:plain

春を探しに山辺の道を歩いてみました。梅と菜の花はそれなりに見頃でしたが、それ以外はまだまだ冬模様でした。コース自体は「ミカン畑」「古墳群」「神社群」と変化に富んだものとなっており、飽きること無く歩ききることができるおすすめルートです。距離はありますが、高低差は少なめです。

 ルート図と高低差です。

 

 簡易表です。

出発 近鉄/JR天理駅(65m)
到着
近鉄/JR桜井駅(78m)
経由 山の辺の道
歩数 20,654
距離
17.9km(GPS)
時間

4:02 (9:01-13:03)

日付
2019.02.23
最高点 特に目印の無い道中(160m)
最低点

 残る半分(奈良駅~石上神宮間)はいつ行こうかのう。