Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

地域/近畿/大阪

旅の始まりは朝食から。JAL106(ITM→HND)

(北関東その1) 本日は2018年10月5日。今回の旅の起点は阪急宝塚線梅田駅。 そして電車とモノレールを乗り継いでここ、お馴染み伊丹空港に到着です。そしてここを右に行くのか左に行くのかの運命の瞬間でもあったりします。 今回は・・というか、私用で伊丹空…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス (雲山峰~青少年の森展望台)

(ウォーキングC29-3/5) 途中で「絶景」と書かれた手製看板と開けたような光景が目に入ってきましたので寄ってみます。 ほうほう、開けていてクマバチも飛んでいなくて、それなりに良い景色・・・と思っていたら送電線・・・。 えーっと関西電力多奈二火力線…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス (第一パノラマ~雲山峰途中)

(ウォーキングC29-2/5) 第一パノラマからの景色になります。真っ正面に見えるのが関西空港となります。距離にすると10kmちょっとといったところで、空気が澄んでいればこの延長線上に六甲山が見えるかもしれません。 関空をもっとアップで見てみます。こう見…

阪和を跨ぐ 紀泉アルプス (山中渓駅~第一パノラマ)

(ウォーキングC29-1/5) 本日は2018年5月28日関西空港への分岐となる日根野駅から5つ目、阪和線山中渓駅です。大阪方面からやってくる紀州路快速の停車駅ですが、無人駅です。まぁ、嵯峨嵐山駅の隣駅ですら無人駅ですので、不思議ではありませんな。 駅舎の様…

京阪の境界 ポンポン山(神峯寺~原立石バス停)

(ウォーキングC25-6/6) 足休めのついでに神峯山寺(かぶさんじ)を少しだけ散策します。仁王門を潜って・・本堂や階段の先にあった開山堂などを巡っていきます。足が少し落ち着いたところでここから先も車道と言うこともあってトレッキングポールはここでお役…

京阪の境界 ポンポン山(本山寺~神峯山寺)

(ウォーキングC25-5/6) 本山寺へ向かう分岐道を進んでいきます。道幅は狭めで、片方は完全な崖です。 そうこうするとポンポン山出発から50分ほどで本山寺の裏側からお寺に入ることになります。で、そのすぐ近くに本殿がありました。 参拝ついでにお賽銭箱の…

京阪の境界 ポンポン山(釈迦岳~ポンポン山~本山寺分岐)

(ウォーキングC25-4/6) では釈迦岳を出発です。ここから先はしばらくは尾根道を進むことになります。なので、両側が斜面な道が頻出します。 roamingaroundjp.hatenablog.com 登山道ではお馴染み、鉄塔の真下を通過。 ここで東海自然歩道と合流です。このまま…

交野山とくろんど園地散策(津田駅~私市駅) 概要編

本日は2019年2月15日。約1ヶ月ぶりのお散歩のスタートはJR片町線津田駅からとなります。 ここは大阪環状自然歩道(大阪東部を南北に貫く自然歩道の総称で、生駒縦走路やダイヤモンドトレイルもその一部)の起点になる場所でもあります。ということで、早速その…

霧氷の金剛山概要編 (千早本道↑、念仏坂↓)

本日は2018年12月15日、場所は南海高野線からバスでやってきましたは金剛登山口。今年から本格的に山に登りに行って超有名どころがまだ抜けていました。 今回はベーシックルートとして千早本道から登って念仏坂から降りるコースとしました。登り始めて早速寄…

長堀鶴見緑地線を歩く(鶴見緑地公園温室散策)

(ウォーキングC23-5/5) 鶴見緑地内の温室を散策です。様々な花とか実がなっていましたので幾つか紹介してみます。まずは「パラミツ」。東南アジアでは代表的な果実とのことで、生食かジャムに向いているようです。サクランボのように見えますが、「ピタンガ…

長堀鶴見緑地線を歩く(今福鶴見~鶴見緑地公園散策)

(ウォーキングC23-4/5) この先の進路もあるので、丁度良く渡れる場所で車道を横断し、反対側に移ります。ふと下を見てみると「EXPO1990」というマンホールが。花博開催を記念して作られたものなのでしょうか。目的地が近づいているのを実感します。今福鶴見…

長堀鶴見緑地線を歩く(大阪城~今福鶴見)

(ウォーキングC23-3/5) 大阪城公園の新鴨野橋からすぐに窓オンリーな太陽キラキラ反射するビルがでかでかと鎮座しています。その麓を回りこむようにして進んだ先、森ノ宮駅から約18分で11個目の駅である、大阪ビジネスパーク駅に到達です。

長堀鶴見緑地線を歩く(心斎橋~大阪城)

(ウォーキングC23-2/5) 歩を進めていきましょう。長堀橋の交差点を通過し、心斎橋から約5分でお隣長堀橋駅に到着です。路線はまだまだ長堀通りを東に進んでいきます。阪神高速1号線環状線の高架と川の間にある末吉橋を過ぎた先、長堀橋駅から約6分で松屋町駅…

長堀鶴見緑地線を歩く(大正~心斎橋)

(ウォーキングC23-1/5) 本日は2018年4月22日、今回のスタート地点はJR大阪環状線と大阪メトロ長堀鶴見緑地線の乗り換え駅であり、4月1日に民営化したばかりの大阪メトロ長堀鶴見緑地線の始発駅である大正駅で、コースとしてはこの沿線をひた歩きます。歩いて…

ほしだ園地(星田妙見宮~河内森駅)

(ウォーキングC21-5/5) 本殿に向かってひたすら階段を登っていきます。七曜星降臨の地ということで、そのうちの一つ?である巨門星を通過。全部は見ていないので、訪れた際には探してみるのもありかな?階段は続きます。やっと本殿が見えてきました。山の斜…

ほしだ園地(園内散策道~星田妙見宮)

(ウォーキングC21-4/5) 展望台から橋へと向かう道中に別のハイキングルートへとつながる道がありましたので、そちらの方向に向かってみることにしました。登りなのは最初の階段だけで後は基本的に下り道になります。道自体は良い感じのハイキング道で、踏み…

ほしだ園地(星のブランコ)

(ウォーキングC21-3/5) ブランコを渡っていきます。来た方向を振り返ってみました。もうこの色合いとその密度は見事としか言えません。橋の真ん中位から谷間方向を見た模様です。ただ、逆光気味ということもあってうまい感じの写真は撮れず。反対側にやって…

ほしだ園地(遊歩道~星のブランコ)

(ウォーキングC21-2/5) ハイキング道はこんな感じで歩行者専用、自転車は進入禁止という物々しいバリケードが立っていました。なので、歩く分には快適に歩けます。駐車場を過ぎるとしばらくはこんな感じの木道が続きます。そして、ハイキング道らしい道も現…

ほしだ園地散策(私市駅~遊歩道)

(ウォーキングC21-1/5) 本日は2017年12月1日、京阪交野線の終点私市駅にやってきました。路線名、終着駅名共に難読地名ですね。「けいはんかたのせんさきいちえき」って初見では絶対の読めません・・。実は枚方市駅から乗車した車両、こんな車両でした。きか…

妙見山登頂(下山~妙見口駅)

(ウォーキングC15-7/7) では、来た道を戻ります。まぁ、景色は余り変わりませんが・・。ということで、ひたすら下っていきます。日の傾きで星嶺が反射しまくっています。このコースも万全が、といえばそういうわけではなく、このように倒木があって、その横…

妙見山登頂(妙見山散策)

(ウォーキングC15-6/7) 妙見山へと通じる門をくぐり、階段を登りきった先にあるのはお寺・・・ではなく何とも奇抜な星嶺と呼ばれる建物でした。中には入りませんでしたが、近代建築物がデーンと登場です。まぁ、登山中にもチラチラとこの建物が見えていて、…

妙見山登頂(登頂)

(ウォーキングC15-5/7) では、妙見山の稜線コースから登頂を始めます。ここから山頂まで標高差で約400mとなります。まずはここを通っていき、途中から本格的な登山道へと分岐していきます。

妙見山登頂(黒川ダリア園)

(ウォーキングC15-4/7) 一庫公園から妙見山へと向かう道中に黒川ダリヤ園が開演中だったため、道中の休憩がてら寄ってみました。ついでにここでレンズを単焦点のものに換装しました。せっかくのF1.4レンズをここで試してみます。

妙見山登頂(一庫公園~妙見山登山道入口)

(ウォーキングC15-3/7) 一庫公園へと続く階段を登るとそれなりに大きい広場が現れました。そのど真ん中を貫通する送電線が何だか邪魔・・。高台にある公園のさらなる高台ある見晴台から一庫ダムの様子です。それなりに標高の高いところまでやって来ました。…

妙見山登頂(一庫ダム周遊)

(ウォーキングC15-2/7) ではダム湖に沿って進んでいきます。片側1車線の車道沿いに進んでいくのですが、余り交通量も人通りもなく、快適に歩き進んでいけます。周囲を歩きながら刻々と変化していく景色を楽しんでいきます。

妙見山登頂(日生中央~一庫ダム)

(ウォーキングC15-1/7) 本日は2017年10月27日、阪急宝塚線川西能勢口駅から能勢鉄道に乗り換える時の様子です。3100系の20週年を祝うヘッドマークが掲げられていました。終点、日生中央駅にやって来ました。

生駒山縦走 (十三峠~高安山駅)

(ウォーキングC13-5/5) ではハイキング道をひた進んでいきます。歩道はこの状況からは余り改善せず、車道の脇の追いやられてみたり、突如として高低差があったり、また、今高低差も場所によってはロープが付いていたりとガイドブックの宣伝文句での期待値が…

生駒山縦走 (鳴川峠~十三峠)

(ウォーキングC13--4/5) 鳴川峠を後にして先を進んでいきます。道の状態は相変わらずという感じです。途中、ハイキング道の交差点に到達しました。案内板だらけですw。このまま進むのもよし、大阪側に下山するのもよし、奈良側に進むのも良しと言う交差点で…

生駒山縦走 (暗峠奈良街道~鳴川峠)

(ウォーキングC13-3/5) 生駒縦走歩道に沿って進んでいき、なるかわ園地の入り口を通過。更に「ぼくらの広場」に向かって進んでいきます。このへんまではずっと車道続きになります。

生駒山縦走 (枚岡神社~暗峠奈良街道)

(ウォーキングC13-2/5) 枚岡神社の横にある道をたどっていくとハイキング道の分岐が現れました。ここで、暗峠方向に進路をとって進んでいきます。道中はコンクリ舗装された道を進んでいきます。途中、姥ヶ池(約600年前に起きた老婆の身投げ伝説から来ている…