写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

南風10号(大歩危~阿波池田)

(四国攻城その38)

大歩危駅が見えてきました。さすがは四国有数の景勝地、それなりの方が列車の到着を待ちわびていました。

f:id:roamingaroundjp:20180526160631j:plain

大歩危駅の駅舎です。屋根にでかでかと「JR大歩危駅」と書かれています。

f:id:roamingaroundjp:20180526160632j:plain

ということで、列車は大歩危渓谷沿いに進んでいくわけで、それに合わせて車内アナウンスも車掌の肉声と自動放送の両方で、その案内がありました。

続きを読む

南風10号(高知~土佐岩原)

(四国攻城その37)

乗車する列車が入線してきました。車体自体はまぁ、JR四国の一般気動車ですので、これと言って真新しさはありません。では、車内に入っていきましょう。この車両の特徴は、デッキを挟みますが、

f:id:roamingaroundjp:20180526160619j:plain

自席から前方の様子を楽しむことができることです。しかも、自由席。平日の中途半端な時間帯なので、乗車率も非常に低く、貸し切りのような雰囲気が漂っていました。

f:id:roamingaroundjp:20180526160618j:plain

では、出発です。高知周辺ではある意味有名な「ごめん」駅に途中停車。路面電車は行き先を平仮名で「ごめん」と掲出するので、常に謝罪している珍しい路面電車になるわけです。

続きを読む

高知駅にて

(四国攻城その36)

昨夜ぶりに高知駅に戻ってきました。高知駅といえば例の3人像を見なければということで、周囲を見渡したらありました。

f:id:roamingaroundjp:20180526160613j:plain

奥から武市半平太坂本龍馬中岡慎太郎になります。この像が有名とされているのはもちろん、人物そのものが有名というのもありますが、台風が接近するたびに撤去されるというのが風物詩だからというのもあるかと思います。台風のたびに撤去されることが報道される像も多くはないと思います。

f:id:roamingaroundjp:20180526160610j:plain

NHK大河ドラマ龍馬伝」の撮影に使用されたセットを再現したスポットがありましたので、立ち寄ってみました。店内の雰囲気はこんな感じで売店スポットと座敷スポットがありました。

続きを読む

はりまや橋とアンパンマン ここまでのルートマップ付き

(四国攻城その35)

高知城を後にして、はりまや橋を目指すことにしました。そこに至るまでにはこのような大きな商店街があり、その中を通って進んでいきました。平日の午前9時前ということで、まだ開店前といったところでしょうか。

f:id:roamingaroundjp:20180526160602j:plain

高知城から10分強で「3大がっかり名所」の一つであるはりまや橋に到着です。この赤い橋がそれになります。

f:id:roamingaroundjp:20180526160603j:plain

残り2つはどこかって?

ここ(札幌時計台)とここ(オランダ坂)のようです。これでさりげなく制覇です^^

続きを読む

高知城陥落

(四国攻城その34)

高知城天守閣まで登ってきました。これでこの旅8か所目、四国の現存天守は4か所すべて制覇したことになります。天守自体はそんなに大きくありませんがやっぱり高台にあるので景色は上々です。

f:id:roamingaroundjp:20180526160548j:plain

天守から見下ろした様子です。

f:id:roamingaroundjp:20180526160550j:plain

天守を後にして先に進むことにしました。来るときに通った詰門を撮影です。天守へは基本的にここを通過していくことになります。高松城跡にあった鞘橋と同じような役割だったのでしょう。

続きを読む
Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved