写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

タグクラウド風 最新カテゴリー

宇奈月~出平付近

(2016北陸その7/19)

富山地鉄から黒部渓谷鉄道の宇奈月駅に移動です。

f:id:roamingaroundjp:20180708223907j:plain

ほぼ始発の列車に乗り込みます。お盆休みの真っただ中ですが、さすがに早朝便となると人も少なく、両サイド行ったり来たり出来るくらいに空いていましたので、快適に欅平まで乗車です。

f:id:roamingaroundjp:20180708223906j:plain

乗車するトロッコの機関車部分です。コンパクトでかわいい車体です。では、先頭車両に乗り込んで出発進行~

続きを読む

新魚津~宇奈月温泉

(2016北陸その6/19)

2日目の朝です。ホテルをチェックアウトして新魚津駅に向かいます。

f:id:roamingaroundjp:20180708223856j:plain

乗車するのは富山地方鉄道の始発電車になります。まぁ、ここから向かう場所と言ったらもう、ここしかありませんよね。ということで宇奈月温泉行に乗車です。最初っから宇奈月温泉で宿泊しておけよという突っ込みがあるかと思いますが、夏休みのピーク時期に1人泊できるホテルがなくて・・・。その代わり魚津ではビジネスホテルがたくさんあるので選り取りみどりというアンバランスさ。

f:id:roamingaroundjp:20180708223857j:plain

いくら夏休み真っ盛りとはいえ、始発電車ということで、乗客は自分ひとり。

続きを読む

金沢~魚津

(2016北陸その5/19)

金沢城から金沢駅へはどうやって戻ろうかということで、考えた結果、歩いて戻ることにしました。バス路線が良く分からないし、そこまで遠くもないので‥と言うのが理由です。とはいえ、せっかくなので名所ポイントを経由したいということで、このような雰囲気ある道を歩き、

f:id:roamingaroundjp:20180708220935j:plain

武家屋敷跡の看板までやってきました。事前調査が不足しているというのもあるかと思いますが、屋敷跡って、この看板がある場所で良いのかな?周囲見てもこれといった場所もなさそうだし・・・。

f:id:roamingaroundjp:20180708220937j:plain

兼六園小立野口から約5㎞の道のりを歩いて金沢駅に帰ってきました。では、ここから本日の宿泊先の駅へと向かっていきます。

続きを読む

金沢城跡

(2016北陸その4/19)

石川門の二の門を通って中に入っていきます。有料施設への入城は時間が過ぎていることもあり、入ることができませんでした。ということで、無料スポットを巡っていきます。

f:id:roamingaroundjp:20180708220924j:plain

三の丸広場になります。お城数あれど、広場がここまで大きいお城はそうはないかと思います。まぁ、大抵は山の上なので、広くできないというのが正解かと思います。

f:id:roamingaroundjp:20180708220927j:plain

三の門広場から見る橋爪門と五十間長屋になります。

続きを読む

兼六園~金沢城跡

(2016北陸その3/19)

引き続き兼六園内を散策します。霞ヶ池の端っこには徽軫灯籠(ことじとうろう)が見えており、これと右奥の内橋亭を写し込むことで「兼六園!」って感じがしますね(ついさっき同じことを言ったような^^;)。

f:id:roamingaroundjp:20180708220918j:plain

そこから坂を下ると霞ヶ池からの水が流れ込む瓢池(ひさごいけ)と海石塔(かいせきとう)にやってきます。日本庭園!って感じがして、8月ということを感じさせません。

f:id:roamingaroundjp:20180708220919j:plain

また、別のところには噴水が吹きあがっており、確か、霞ヶ池からの高低差の水圧差によるものだったかと思います。

続きを読む