Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

愛宕神社総本山へ登頂 (水尾登山口~愛宕神社)

(ウォーキングC34-3)

登山口入り口で小休止を行い、突撃です。

f:id:roamingaroundjp:20190715203435j:plain

まず目指すは表参道との合流地点となる水尾の分かれです。道自体は安定して広くもならなければ狭くもならないという、不自然なほど整備されている道でした。

f:id:roamingaroundjp:20190715203439j:plain

こちら側は台風の影響が少なかったのか、目立った倒木はありませんでした(その代わり(?)表参道は悲惨なことになってましたが・・)。

この道、100m毎に距離表示と防災標語の書かれた看板が立っていました。200mの位置はこんな感じ。

続きを読む

愛宕神社総本山へ登頂 (JR保津峡駅~水尾登山口)

(ウォーキングC34-2)

トロッコ保津峡駅との分岐をそのまま水尾方面へと直進していきます。

f:id:roamingaroundjp:20190715203340j:plain

しばらくは水尾の集落までは車道に沿って進んでいきます。交通量も少なく、ごくごく普通の車道歩きとなります。

f:id:roamingaroundjp:20190715203345j:plain

先日の台風の影響でしょうか。初めて訪れる場所なので、前からこうなのか、台風でこうなったのかはよく分かりませんが、悲惨な状況なのだけは分かります。急斜面なので人出で修復も難しそうです。

続きを読む

愛宕神社総本山へ登頂 (阪急嵐山駅~JR保津峡駅)

(ウォーキングC34-1)

本日は2018年10月20日。一応雨が上がったらしい阪急嵐山駅です。ここからJR嵯峨嵐山駅へ乗り換えるために移動します。電車代が余りにも違いすぎるので、この阪急嵐山-JR嵯峨嵐山を準備運動と割り切って進むことにしました。

f:id:roamingaroundjp:20190715203251j:plain

阪急嵐山駅から渡月橋方面へ向かうときに目に飛び込んでくるお馴染みの光景です。

f:id:roamingaroundjp:20190715203255j:plain

ということで、渡月橋を渡ります・・が、その片側が先日の台風21号による河川増水により橋の欄干が破壊されており、その修復工事を行っていました。

続きを読む

なんちゃって SEL70350Z

このなかで”興味なし”とまで言い切ってしまった「SEL70350G」。ところが、ヨドバシ価格だと10%バックで実質10万円を切るという値段設定にあれ?。

同時発売の「SEL1655G」がF2.8通しとはいえ、15万前後の価格で、(持ってないけど)フルサイズの望遠レンズの値段設定になれた後だったので虚を突かれた感じでした。

今、主で使用しているSEL1670Zとは諭吉1人分多いくらいだし。

 

とはいえ、風景写真や狭い登山道の撮影のような広角レンズが有利が被写体が多いので、望遠レンズの活躍の場があるのかなということで、どんな感じに見えるのかを色々とシミュレーションしてみました。

 

・・・完全にチラシの裏的な記事ですねこれ^^;

続きを読む

保安検査場では登山靴もX線対象へ

昨年10月に訪れた際に行きは航空機を使用。空港では折りたたみのトレッキングポールを機内に持ち込み(リュックの中にはみ出すこと無く入っていますが)、登山靴を履いて(もちろん脱がずに)保安検査場を通過しましたが、

 

 

来週からは「国際線・国内線ともに、安全靴、厚底靴、ブーツ、くるぶしを覆う靴は全てX線検査を行います。」だそうで。今履いている登山靴はミドルカットなので、くるぶしが覆われているのため、X線対象なんでしょうかね。現在、アメリカで実施している保安検査に近づくんでしょうけど。でもあっちは有無を言わさず履き物はすべて・・なので中途半端なんですよね。

続きを読む