写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

タグクラウド風 最新カテゴリー

賤ヶ岳/余呉湖周回コース 概要編

本日は2018年11月10日。スタートはJR北陸線余呉駅で大阪駅から米原経由の近江塩津又は敦賀行きの新快速で1本、2時間弱で来れます。そのせい?で乗車券は100㎞超えているのに有効期限は「当日限り」だったりします・・。まぁ、無料快速が途中から各駅に停まっ…

ホテルベランダからの夜景撮影訓練

(2017秋その12/21) ホテルのベランダの手すりがカメラを固定するのに丁度良かったこともあり、このカメラではまだやったことのない夜景の撮影訓練をしてみました。下流の方向には集落があり、それなりの明かりがあります。 (F1.6 4sec ISO1600 30㎜) 山の方…

新金谷駅から宿泊地ホテルへ・・

(2017秋その11/21) 駅前の様子です。きかんしゃトーマスのパネルが多数展示されていました。 運行表です。上下線ともに1時間半に1本しかありません。車両形式まで書いてあるのが特徴でしょうか。とは言って、目安の車両に乗るのに1本逃して・・にはなりませ…

過去、今、未来の交差

・撮影場所:熊本県八代市上日置町 新八代駅 ・撮影日時:2017年5月1日16:37頃 ・撮影条件:ISO100、F5.0、1/80、20㎜ ・コメント: 煙で燻されているのは鹿児島本線(1896年開業。新八代駅は新幹線と同じ2004年)の架線(1970年電化)、さらにその上には九州新…

新金谷駅でのアクロバティック転回

(2017秋その10/21) 千頭駅から新金谷駅止まりのSL列車が到着です。ここにいてもしょうがないので一旦改札の外に出ます。ホームに待合室やベンチもないので・・・。 改札外から見た様子です。周りの建物も加えて、これが平成29年の光景にはとても見えません^^…

草薙駅→新金谷駅

(2017秋その9/21) 次の場所に向かうにあたって、せっかくなので静岡鉄道に乗車してみました。JR草薙駅からは徒歩で数分です。電車の本数も地方鉄道の割には多めです。 車両です。前面こそはオリジナルな外観ですが、横の姿は東急の7700系や7200系を連想して…

草薙神社→草薙駅

(2017秋その8/21、ウォーキングWS7-7/7) ハイキング道を抜け、車道ゾーンに入ります。道は少々分かりづらいのですが、すると今度は食欲の秋らしい光景が飛び込んできました。まずは柿。 他にもミカン畑が広がっていました。これだけの大きさで写せるほど車道…

高野山町石道コース 概要編

本日は2018年11月3日今回のスタートは南海高野線九度山駅からとなります。 九度山自体が真田幸村全面押しで、駅もこんな感じで無人駅ですが、装飾は真田幸村でした。 まずは駅から約1.5㎞位にある慈尊院に向かいます。ここが高野山町石道のスタート地点にな…

日本平→東海自然歩道

(2017秋その7/21、ウォーキングWS7-6/7) 日本平の展望台から駐車場方向へと下っている途中でこんなものを発見。頑張って富士山も入れてみました。よーく見たら見えると思いますw また、途中には童謡「赤い靴をはいた女の子」の歌詞と像が建てられていました…

日本平へ

(2017秋その6/21、ウォーキングWS7-5/7) ロープウェー乗り場に向かう途中には「史跡久能山」との石碑を発見したので一枚。 ロープウェー乗り場にやってきました。団体客が居たので先に行かせて次便を待ちます。 ということで、かぶりつきスペースを確保でき…

久能山東照宮

(2017秋その5/21、ウォーキングWS7-4/7) ロープウェー乗り場の横を通って入場料を払い、久能山東照宮内部に入ります。まず見えたのが楼門になります。煌びやかな色遣いが印象的です。 鳥居を介して拝殿の入り口となる唐門、その奥に本殿の建物が見えてきまし…

久能山東照宮への909段

(2017秋その4/21、ウォーキングWS7-3/7) 東照宮への入り口前にはカラーマンホールを発見。燈台?塔?と燕でしょうか。 では東照宮に到着。久能山東照宮への行き方は2通り。一つはここを登ること。こちらが表参道ということもあり、宮司たちは毎日こっちから…

三保の松原→清水バイパス→久能山

(2017秋その3/21、ウォーキングWS7-2/7) 海辺まで出てきました。ここから富士山が見えるのか三保の松原の最大の見どころなのですが・・・なんか見えるような?えーい、画像処理だ~ 上半分だけですが、運よく富士山を拝むことが出来ました。冬場の空気の澄ん…

三保の松原入り口→三保の松原

(2017秋その2/21、ウォーキングWS7-1/7) バスを乗車して20分強、乗車料金360円で下車バス停の三保松原入り口に到着です。 ということで、唐突ですが、ここからウォーキングスタートです。さて、計画通りにゴール(JR草薙駅)にたどり着くのでしょうかねぇ。最…

既に晩秋の大台ヶ原散策 概要編

本日は2018年10月26日、平日の朝ラッシュ少し前の大阪阿部野橋駅です。公共交通機関で今回の目的地である大台ヶ原へ向かう場合、この電車が最終になります。まぁ、バスそのものが平日1往復(土休日は2往復)しかないので、それに合わせる‥と言った方が正しいの…

ひかり506号

(2017秋その1/21) 本日は2017年11月10日、毎度お馴染み早朝の大阪駅の電光掲示板です。毎度お馴染み、計画を立てていくうちに出発時刻が早くなる罠にはまった結末です。 新大阪駅から新幹線に乗車です。今回はのぞみ号が停車しない駅での下車のため、乗車す…

ウォーキングランキング

これまで、詳細紹介が26コース、詳細紹介待ちの概要編が14コースの計40コース紹介してきました。関西圏の場所を地図上にプロットするとこんな感じです。青が詳細紹介済み、紫が概要編のみの紹介ですが、良い感じでバラけているような気がします。 さて、だん…

妙見山登頂(下山~妙見口駅)

(ウォーキングC15-7/7) では、来た道を戻ります。まぁ、景色は余り変わりませんが・・。ということで、ひたすら下っていきます。 日の傾きで星嶺が反射しまくっています。 このコースも万全が、といえばそういうわけではなく、このように倒木があって、その…

妙見山登頂(妙見山散策)

(ウォーキングC15-6/7) 妙見山へと通じる門をくぐり、階段を登りきった先にあるのはお寺・・・ではなく何とも奇抜な星嶺と呼ばれる建物でした。中には入りませんでしたが、近代建築物がデーンと登場です。まぁ、登山中にもチラチラとこの建物が見えていて、…

妙見山登頂(登頂)

(ウォーキングC15-5/7) では、妙見山の稜線コースから登頂を始めます。ここから山頂まで標高差で約400mとなります。 まずはここを通っていき、途中から本格的な登山道へと分岐していきます。 ということで、登山道の登場です。開始してしばらくはこのような…

愛宕神社総本山周回(水尾→表参道→京都1周トレイル)概要編

2018年10月20日、朝方雨が降っていましたが、到着した頃には上がっていた嵐山です。今回の目的地は渡月橋を撮影するといつも視界に入ってくるアノ山です。 スタート地点の保津峡駅に到着です。まぁ、阪急嵐山駅からバスで表参道入口まで乗るという選択肢もあ…

妙見山登頂(黒川ダリア園)

(ウォーキングC15-4/7) 一庫公園から妙見山へと向かう道中に黒川ダリヤ園が開演中だったため、道中の休憩がてら寄ってみました。ついでにここでレンズを単焦点のものに換装しました。せっかくのF1.4レンズをここで試してみます。 ということで、名前は良く分…

妙見山登頂(一庫公園~妙見山登山道入口)

(ウォーキングC15-3/7) 一庫公園へと続く階段を登るとそれなりに大きい広場が現れました。そのど真ん中を貫通する送電線が何だか邪魔・・。 高台にある公園のさらなる高台ある見晴台から一庫ダムの様子です。それなりに標高の高いところまでやって来ました。…

妙見山登頂(一庫ダム周遊)

(ウォーキングC15-2/7) ではダム湖に沿って進んでいきます。片側1車線の車道沿いに進んでいくのですが、余り交通量も人通りもなく、快適に歩き進んでいけます。 周囲を歩きながら刻々と変化していく景色を楽しんでいきます。

妙見山登頂(日生中央~一庫ダム)

(ウォーキングC15-1/7) 本日は2017年10月27日、阪急宝塚線川西能勢口駅から能勢鉄道に乗り換える時の様子です。3100系の20週年を祝うヘッドマークが掲げられていました。 終点、日生中央駅にやって来ました。 駅前にあるロッテリアで朝食をいただきます。普…

飛鳥散策(水落遺跡~飛鳥駅)

(ウォーキング?C18-5/5) 次のスポットである水落遺跡へと向かう途中で再び稲穂群と遭遇したため、再度パシャリ。 偏光フィルターを徹底的に利かせるとこうなります。偏光フィルターは利かせすぎるのもイマイチと悟った瞬間でした。 水落遺跡に到着です。こ…

碓氷峠アプト道概要編

谷川岳を制覇した次の日、こちらに移動して次のコースに挑戦です。 駅前から看板を辿るとアプト道の起点を示す巨大看板があります。碓氷関所に立ち寄る場合はいったんコースから外れますが(5分くらい)、それ以外は横の線路沿いに進んでいけばOK。 コース序盤…

飛鳥散策(石舞台~飛鳥寺)

(ウォーキング?C18-4/5) 石舞台に到着・・の前におやつとして古代米ソフトなるものを頂きました。古代米自体の色なのかやや紫色っぽい感じでした。味はというと、元々がお米なので、これといって特徴はありませんでした。 石舞台に入場です。舞台全体の様子…

飛鳥散策(橘寺周辺)

(ウォーキング?C18-3/5) 今度は聖徳太子の生誕の地と書かれた石碑が現れました。ということは、聖徳太子はここで生まれたということになります。で、この写真の後ろに寺が見えましたので、寄ってみることにしました。 椿寺の本殿に到着です、体育の日という…

一ノ倉沢岩壁トレッキングコース概要編

上の続きでロープウェーのトラブルでバスの時間が中途半端になり、休憩していると、何となく行けそうな感じがしたので行ってみることにしました。ただ、バスの時間から制限時間は100分、標準時間は110分なので足の状況次第では途中引き返し覚悟で進みます。 …