写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

八方池山荘→八方池

(2018夏その10/16、ウォーキングWS6-1/3)

張り切ってスタートです。続々とリフトで人々があがってきます。その結果、やや渋滞気味のスタートになってしまいました。それでもずらーっと並んでいる・・というわけではなく、少しペースを変えれば人もいなくなってきます。

f:id:roamingaroundjp:20180819191927j:plain

こんな感じに。

f:id:roamingaroundjp:20180819191926j:plain

八方池山荘から第二ケルン間は大きく分けてルートが2つあります。ガレ場中心のルートと木の板等で整備された道の2つになります。それを知らずに何だか流れに任せたたら木道ルートになっていました。ガレ場ルートはこんな感じです。帰りはこっちを下ってみようっと。

f:id:roamingaroundjp:20180819191938j:plain

木道ルートはこんな感じで、歩道が整備され、また行き違いができるように2本道が出来ていました。

f:id:roamingaroundjp:20180819191929j:plain

高度も太陽の高さも上昇していく中での一コマです。下の方にわずかですが辿ってきた道が見えます。

f:id:roamingaroundjp:20180819191928j:plain

こんな感じで整備された道が続きます。

f:id:roamingaroundjp:20180819191930j:plain

第二ケルンまたの名を行きケルンにやってきました。ここでガレ場ルートと合流し、八方池までは一本道になります。

f:id:roamingaroundjp:20180819191932j:plain

山々の高さ差段々と低くなってきました。それだけ登ってきているということになります。

f:id:roamingaroundjp:20180819191931j:plain

ふと、遠くを見渡すと、お、富士山の頂を発見。直線距離で170㎞ですが、捉えることが出来ました。

f:id:roamingaroundjp:20180819191936j:plain

第二ケルンから先はガレ場中心の道になります。ひたすら前行く人の後をついていきながら、八方ケルンを通過、

f:id:roamingaroundjp:20180819191934j:plain

暑いんだか気持ちいんだか良く分からない天候の中、進んでいきます。

f:id:roamingaroundjp:20180819191933j:plain

尾根道ということで、一方が崖になっており、転落したらひとたまりもありません。

f:id:roamingaroundjp:20180819191937j:plain

f:id:roamingaroundjp:20180819191935j:plain

 八方池山荘から約40分、高度を約250m上げて約2080mの位置までやってきました。

すると、今回の目的地である八方池が目の前の飛び込んできました。

Copyright "roamingaroundjp" all rights reserved