写真を撮りまわる(ほぼ)一人旅

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

タグクラウド風 最新カテゴリー

湖の辺の道 (近江今津駅~マキノ町周辺)

(ウォーキングC10-1~2/4) ※2記事を統合しました

(目次)

 

1.近江今津駅周辺

2016年4月9日JR湖西線近江今津駅より今回のコースのスタートです。

f:id:roamingaroundjp:20180128221918j:plain

今回のコースはこんな感じで、この日までは10km前後のコースが中心でしたが、アップダウンが殆どありませんがこれまでの最長である約15kmのコースの挑戦です。

また、初めてミラーレスカメラ(α5100)を手にして散策をするコースでもありました。

f:id:roamingaroundjp:20180204185738j:plain

まずは駅から今津港へ向かいます。湖まで到達すると客船が停泊していました。

f:id:roamingaroundjp:20180128221920j:plain

今津港に到着と同時に「近江湖の辺の道」と合流します。今回はこの道にひたすら沿って進むことになります。

f:id:roamingaroundjp:20180128221921j:plain

近江今津周辺では色々な碑が経っており、今津桟橋の跡地とか、

f:id:roamingaroundjp:20180128221922j:plain

九里半街道起点とかがありました。

f:id:roamingaroundjp:20180128221924j:plain

道はこんな感じで続いています。

f:id:roamingaroundjp:20180128221923j:plain

ご当地マンホールを発見です。中心にいるのは鳥でその周りを花が囲っています。

f:id:roamingaroundjp:20180128221925j:plain

道中には他にも曹澤禅寺というそこそこ大きい神社もありました。

f:id:roamingaroundjp:20180128221926j:plain

 

2.湖の辺の道

ただ、近江今津の駅から離れれば離れるほど建物の密度が減ってきて、今度は清々しい緑の中での歩行となってきました。看板はこのようにかなりの頻度で建てられていましたので、迷うこともないかと思います。

f:id:roamingaroundjp:20180128221927j:plain

今津周遊墓地までやって来ました。

f:id:roamingaroundjp:20180128221928j:plain

ここには湖の辺の道の目的を示すような看板が立てかけられており、また・・・

f:id:roamingaroundjp:20180128221929j:plain

ガスってて良く分かりませんが、今回の目的地の一つである梅津大崎も見えてきました。

f:id:roamingaroundjp:20180128221930j:plain

 ひたすら湖の辺の道に沿って進んでいきます。

街中を抜けるとしばらくはこのような松に木を進むような道が続きます。

f:id:roamingaroundjp:20180128221931j:plain

ここは歩いている人よりもサイクリングの人の方が圧倒的に多く、何十台もの自転車に追い抜かれ、交わって行きました。うーん邪魔だったかな・・・?

f:id:roamingaroundjp:20180128221932j:plain

町変わってマキノ町に突入します。多少色落ちしていますが、文字通りの木枠で立派です。景観に合わせて松の木かな?

f:id:roamingaroundjp:20180128221934j:plain

看板もあっちらこっちらにあり、

f:id:roamingaroundjp:20180128221933j:plain

ここまでくればおおよそ梅津大崎までの中間点になります。

f:id:roamingaroundjp:20180128221936j:plain

遊歩道から少し外れて湖辺に出てみました。松の木が風防代わり?としてずらーっと並んでいるのが分かるかと思います。

f:id:roamingaroundjp:20180128221935j:plain

また、途中で咲いていた花も撮影していました。うん、コンデジAPS-Cに移行したことによる最小焦点距離の感覚が掴めていないのがよく分かるボケボケの写真になりましたw

f:id:roamingaroundjp:20180128221937j:plain

特徴的な歩行者線用の白鷺橋を渡ると・・・、

f:id:roamingaroundjp:20180128221938j:plain

梅津大崎の桜の木がはっきりと視認できるようになってきました。この時のレンズがキットレンズであるSELP 16-50というものだったので、これまで使ってきていた30倍のコンデジとのズーム性能の違いにも戸惑っていた瞬間でもあります。

f:id:roamingaroundjp:20180128221939j:plain

更に進んでキャンプ場の横を通り過ぎながら、入口のまでやって来ました。

f:id:roamingaroundjp:20180128221940j:plain

更に進んで、梅津浜の石積近くにある看板も通り過ぎ、

f:id:roamingaroundjp:20180128221941j:plain

ひたすら梅津大崎へと向かっていきます。