Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

ウォーキング(C)

如意輪寺~吉野駅 (ソメイ"ヨシノ"の桜は伊達ではなかった5)

・記録日:2019年4月12日 ・ルート:奈良県吉野郡吉野町大字吉野山吉野駅⇔青根ヶ峯 ・距離:16.3km ・所要時間:5時間16分 ・平均斜度:105m/km

青根ヶ峰~如意輪寺 (ソメイ"ヨシノ"の桜は伊達ではなかった4)

・記録日:2019年4月12日 ・ルート:奈良県吉野郡吉野町大字吉野山吉野駅⇔青根ヶ峯 ・距離:16.3km ・所要時間:5時間16分 ・平均斜度:105m/km

花矢倉展望台~奥千本~青根ヶ峯 (ソメイ"ヨシノ"の桜は伊達ではなかった3)

・記録日:2019年4月12日 ・ルート:奈良県吉野郡吉野町大字吉野山吉野駅⇔青根ヶ峯 ・距離:16.3km ・所要時間:5時間16分 ・平均斜度:105m/km

七曲坂~吉水神社~花矢倉展望台 (ソメイ"ヨシノ"の桜は伊達ではなかった2)

・記録日:2019年4月12日 ・ルート:奈良県吉野郡吉野町大字吉野山吉野駅⇔青根ヶ峯 ・距離:16.3km ・所要時間:5時間16分 ・平均斜度:105m/km

阿倍野橋駅~さくらライナー~吉野駅~七曲坂 (ソメイ"ヨシノ"の桜は伊達ではなかった1)

・記録日:2019年4月12日 ・ルート:奈良県吉野郡吉野町大字吉野山吉野駅⇔青根ヶ峯 ・距離:16.3km ・所要時間:5時間16分 ・平均斜度:105m/km

中央コース登山口~桃源郷~粉河寺 (桃源郷を望む竜門山3)

・記録日:2019年4月6日 ・ルート:和歌山県紀の川市粉河駅→和歌山県紀の川市竜門山→和歌山県紀の川市粉河寺 ・距離:12.4km ・所要時間:4時間30分 ・平均斜度:138m/km

田代ルート~竜門山山頂~中央コース (桃源郷を望む竜門山2)

・記録日:2019年4月6日 ・ルート:和歌山県紀の川市粉河駅→和歌山県紀の川市竜門山→和歌山県紀の川市粉河寺 ・距離:12.4km ・所要時間:4時間30分 ・平均斜度:138m/km

105系の最後の春 粉河駅→田代ルート入口 (桃源郷を望む竜門山1)

・記録日:2019年4月6日 ・ルート:和歌山県紀の川市粉河駅→和歌山県紀の川市竜門山→和歌山県紀の川市粉河寺 ・距離:12.4km ・所要時間:4時間30分 ・平均斜度:138m/km

貯水池~石山寺~石山寺駅 (京都から滋賀へと抜ける音羽山3)

・記録日:2019年3月8日 ・ルート:滋賀県大津市追分駅→京都市山科区音羽山→滋賀県大津市石山寺駅 ・距離:17.0km ・所要時間:5時間13分 ・平均斜度:96m/km

牛尾観音~音羽山~貯水池(京都から滋賀へと抜ける音羽山2)

・記録日:2019年3月8日 ・ルート:滋賀県大津市追分駅→京都市山科区音羽山→滋賀県大津市石山寺駅 ・距離:17.0km ・所要時間:5時間13分 ・平均斜度:96m/km

追分駅~林道~牛尾観音 (京都から滋賀へと抜ける音羽山1)

・記録日:2019年3月8日 ・ルート:滋賀県大津市追分駅→京都市山科区音羽山→滋賀県大津市石山寺駅 ・距離:17.0km ・所要時間:5時間13分 ・平均斜度:96m/km

葛木神社~大阪府最高地点~下山 (初雪後の金剛山3)

7.葛木神社→憧れの霧氷 8.湧出岳と大阪府最高地点 9.大阪府最高地点→伏見峠→林道伏見峠線で下山 (ウォーキングC41-3) 7.葛木神社→憧れの霧氷 葛木神社を後にして、ダイヤモンドトレイルに沿って進んでいきます。下り坂を下ったところでそれは現れました。 立…

4合目~金剛山山頂~葛木神社 (初雪後の金剛山2)

4.千早本道4合目→終点 5.金剛山山頂 6.葛木神社へ (ウォーキングC41-2) 4.千早本道4合目→終点 4合目でもひたすらに階段道となります。 黙々と階段道を登り、程なくして5合目も通過。 で、何故かこんな所にウルトラマンとバルタン星人が奉納されていました。…

金剛登山口~千早城跡~4合目 (初雪後の金剛山1)

1.なんば駅→金剛登山口 2.登山口→千早城址 3.千早神社→千早本道4合目 (ウォーキングC41-1) 1.なんば駅→金剛登山口 本日は2018年12月15日。本日向かうは霧氷で有名な金剛山。雪道になる前に一度下見してみよう・・と言うのが本来の目的でした。ということで、…

大台ヶ原・西コース(たたら力水付近~ゴール)

(ウォーキングC33-6) たたら力水で力を蓄えた(?)あとも引き続き歩を進めていきます。 これ何だったかな?ツルツルそうな木がポツリと立っています。その外観から妙に浮いてもいます。

大台ヶ原・西コース(開発跡~たたら力水付近)

(ウォーキングC33-5) 開発跡地での休憩も終えて後は一気に駐車場へと戻っていきます。いかんせん、当初のツアーでの想定タイムよりこのままのペースで行けば1時間遅れ。ガイドは皆さん”そんな(想定タイムは)無茶な―”と言っていましたw。周った後の感覚とし…

大台ヶ原・西コース(開発跡途中~開発跡)

(ウォーキングC33-4) 相も変わらずな景色の道を進んでいきます。 乾いている苔の間から生えているキノコをパシャリ。 このコースで一番の見どころ(?)付近までやってきました。この時期だとやっぱり映えていませんが、

大台ヶ原・西コース(ナゴヤ谷~開発跡途中)

(ウォーキングC33-3/6) 昼食休憩ののち出発していきます。しばらくは・・・というか、ずっと森の中を歩いていきます。 やはりというか、しばらくずっと緑感がいまいち足りない道を進んでいきます。 木の幹を見ると所々にキノコのようなものが張り付いていま…

大台ヶ原・西コース(ナゴヤ谷付近)

(ウォーキングC33-2/6) では西大台ヶ原の歩道に向かって進んでいきましょう。 4月末ということで、いろいろ中途半端な時期なのか、やや乾燥しているような雰囲気があります。ここはどちらかというとじめっとしていた方が良いのかもしれません。 ここで係員に…

大台ヶ原・西コース(スタートまで)

(ウォーキングC33-1/6) 本日は2019年4月28日。こちらは新大阪駅のバスターミナル付近です。駅前には電車ツアーやバスツアーの様々な旅行会社が参加者の来訪を心待ちにしていました。という、自分もそのうちの一人なのですが。 受付を済ませてバスに乗り込み…

青山高原の風車を見に行く (布引滝~東青山駅)

(ウォーキングC30-6/6) 布引の滝の近くにある分岐からスタートです。四季の里とありますが、この施設自体が東青山駅の真横にあるので、経由地が違うだけ・・と言うことになります。ウスバカゲロウでしょうか、長い胴体が特徴的な虫と遭遇。

青山高原の風車を見に行く (円山草原~布引滝)

(ウォーキングC30-5/6) 草原自体はこんな感じでだだっ広い丘が広がっています。何か敷いて寝っ転がると気持ちいいかもしれません。風が強いので飛ばされ注意ですが。 この辺からもやはりですが風車がグゥオングゥオン鳴らしながらいくつも見えます。 では、…

青山高原の風車を見に行く (三角点~円山草原)

(ウォーキングC30-4/6) 三角点にやってきました。仰々しいくらいに三角点が守られていますが、山の山頂というわけでもなさそうで、名無しなんですよね。なので、ここまで来る道標も「三角点」という表現でしたし。 では、その三角点から視線を上げると、見え…

青山高原の風車を見に行く (サニーヴィラ青山~三角点)

(ウォーキングC30-3/6) では別荘地の中を進んでいきます。ここまで来た時に見た惨状からあまり良い予感はしていませんでしたが、やはりというか、土地の「成約」の看板は多数あるのですが、実際に建物が建っているのはその中の1割くらい?でしょうか。もう、…

青山高原の風車を見に行く (乗馬練習場~サニーヴィラ青山)

(ウォーキングC30-2/6) 乗馬クラブの横を抜けて車道に出ます。隔離された歩道が付いているので、クネクネな山道でも車との接触の心配はしなくてもよさそうです。 ただ、その歩道の整備状況は決して良いとはいえず、草木がぼうぼうで、葉っぱが歩道全体を覆っ…

青山高原の風車を見に行く (西青山駅~乗馬練習場)

(ウォーキングC30-1/6) 本日は2018年6月16日、場所は近鉄大阪線西青山駅になります。上本町駅からごとごとと急行電車に揺られてやってきました。さすがに鈍行列車で三重県まで来るのは一苦労ですなぁ・・・。 駅の様子です。何でこんなところに駅を造ったん…

六甲山系トエンティクロス(青谷道~王子公園駅)

(ウォーキングC28-7/7) 摩耶山頂を制覇した後は青谷道に沿って下山していきます。かなりの方がこの道を使って登り下ろされていましたので、止まって写真撮影も中々大変です。行者堂跡地に降りてきました。元々お寺があったため、ちょっとした広場になってい…

六甲山系トエンティクロス(穂高湖~摩耶山山頂)

(ウォーキングC28-6/7) 穂高湖を出発して先を進みましょう。 出発してすぐに車道に出て、それに沿って歩くことになるのですが、 すぐにアゴニー坂が登場。車道沿いをそのままでも良さそうなのですが、ここは"登山"しに来たと言うこともあってアゴニー坂を登…

六甲山系トエンティクロス(シェーン道~穂高湖)

(ウォーキングC28-5/7) 引き続き川に沿って進んでいく道になります。山道では大にして川沿いが登山道となるパターンはあるかと思いますが、身近に渡渉がたくさんある比較的難度の低いコースは少ないかと思います。頂上からケーブルカーで降りるというエスケ…

六甲山系トエンティクロス(河童橋付近~三叉路)

(ウォーキングC28-4/7) 河童橋から続く橋を抜けて先に進みます。この透明度も素晴らしい。 河童橋を通過した後も渡渉は続いていきます。飛び石での渡渉が比較的多めでした。 飛び石の上から下流方向