Roamingaround-JP

カメラ(Sony α6500+SEL1670Z メイン)を手に絶賛(?)徘徊中。

RoamingaroundJPN


ウォーキング ウォーキング

ウォーキング(B)

月輪寺ルート~愛宕神社一の門~嵐山駅 (初詣登山@愛宕神社3)

7.月輪時ルートでの下山 8.車道区間(月輪寺ルート入口→清滝) 9.嵐山地区を通過して阪急嵐山駅へ (ウォーキングC44-3) 7.月輪時ルートでの下山 愛宕山の山頂から月輪時の分岐まで戻ってきました。今回はこっちから下ります。 ややガスっぽい中を下っていきま…

水尾の分かれ~愛宕神社~愛宕山山頂 (初詣登山@愛宕神社2)

4.水尾の分かれ~愛宕神社入口 5.愛宕神社 6.愛宕山山頂 (ウォーキングC44-2) 4.水尾の分かれ~愛宕神社入口 ケーブルカーとの分岐からスタートです。 ここに町石を発見。四十三丁と見えます。 このすぐには、いよいよ凍結しているである道が現れました。多…

清滝バス停~水尾の分かれ (初詣登山@愛宕神社1)

1.阪急梅田駅→清滝 2.表参道~25丁目石 3.25丁目石~水尾の分かれ (ウォーキングC44-1) 1.阪急梅田駅→清滝 本日は2019年1月5日・・・ついに投稿日が周回遅れ^^;。気を取り直して紹介を始めます。ここは毎度おなじみ阪急京都線に乗車です。桂駅、阪急嵐山を経…

芦屋ロックガーデン経由、六甲山横断(魚屋道~有馬温泉)

(ウォーキングC40-7) 峠の茶屋を通過してひたすら下ります。 登りがほとんど無い純粋な下り道でした。こんな感じのつづら折りの道までありました。この道の生い立ちからすれば、中央突破で急登には出来なかったのでしょう。 枯葉で埋め尽くされた道です。余…

芦屋ロックガーデン経由、六甲山横断(六甲山山頂~魚屋道)

(ウォーキングC40-6) さすがに12月ともなると風吹けばこれまでの歩みで火照った体も一瞬で冷えてしまいます^^;最初は気持ちよかったのですが、だんだんと寒く・・・。 ということで、周辺散策もサクッと済ませて先を進みます。三角点はこんな感じで、地面に…

芦屋ロックガーデン経由、六甲山横断(東お多福山~六甲山山頂)

(ウォーキングC40-5) 東お多福山山頂の裏にある道を進んでいきます。獣道のように見えますが、 道がちゃんと存在していますのでよく見ながら進めば問題ないかと思います。 階段道を下りきると一応車道のような場所。個々で再び分岐です。正面を進めば六甲山…

芦屋ロックガーデン経由、六甲山横断(風吹岩~東お多福山山頂)

(ウォーキングC40-4) イノシシに鎮座された風吹岩での休憩を諦めて先を進みます。 ロックガーデン区間はのこ風吹岩近辺で終了ですので、登山道の様相も様変わりします。とはいえ、標高的にはまだ半分に到達していないので、まだまだ登っていく必要があります…

芦屋ロックガーデン経由、六甲山横断(迷子~風吹岩)

(ウォーキングC40-3) このまま先を進んで、再び下り。 小さな沢まで出てきました。この沢沿いに下っていくと、 小さな滝まで出てきました。さすがにここまで来てようやくこのルートが正解「な分けねーだろ」と言うことで引き返し。

芦屋ロックガーデン経由、六甲山横断(高座の滝~迷子)

(ウォーキングC40-2) 高座の滝の横にある階段道を登るところからスタート・・・・したらですね、居ましたよいきなり。 イノシシが。 登山道に沿って登って行っていたので、少し間隔を開けてゆっくりと登っていきます。視界が効かないので階段の上に居たらど…

芦屋ロックガーデン経由、六甲山横断(芦屋川駅~高座の滝)

(ウォーキングC40-1) 本日は2018年12月7日。冬景色になりつつある阪急神戸線芦屋川駅にやってきました。須磨アルプスとか、摩耶山とか六甲山系の山々はいくつか巡りましたが、肝心な六甲山には登っていないので、今回そこに挑戦です。 ルートは最も単純な芦…

高野山百八十町道(奥の院~奥の院バス停~帰路)

(ウォーキングC35-9) 奥の院内は撮影禁止のため、写真はありませんがサクッと一周します。GPSログには残っているはずです。来た道とは別の道でバス停へと向かっていきます。無縁塚ということで、文字通り無縁の地蔵様がピラミッドのように積み重なっていまし…

高野山百八十町道(根本大塔~奥の院)

(ウォーキングC35-8) さて、ここまで来てどうしよう・・・ここからバスに乗ろうとすると確実に積み残される・・・そうだ、バスの始発である奥の院まで行こう♪ ということで今度は奥の院までの町石探しスタートです。根本大塔の脇にある階段を下った先に1町石…

高野山百八十町道(四十町石付近~根本大塔)

(ウォーキングC35-7) 40町石付近で渋滞を見つつ先を進みます。道標通りですが、しばらくは町石をロストします。 道を少し登ると久々の開けた景色が。で、飛び込んできたのが送電線の大群でしたw 再び車道脇に合流するもすぐに脇に逸れていきます。

高野山百八十町道(七十町石~四十町石付近)

(ウォーキングC35-6) 70町石を通過です。 ここでは珍しく(?)倒木を発見。特段問題があるわけではありませんが、他の箇所はきっちりと処理されていましたので、直近で倒れたものなのでしょうか。 斜面沿い道が下りながら続いています。

高野山百八十町道(百十一町石~七十町石)

(ウォーキングC35-5) 111町石を通過して進んでいきます。道は相変わらず快適です。 110町石を通過。 相変わらず林の中を進んでいきます。この道、静かなのかと思ったら、遠くから南海高野線の電車が頑張って曲がりくねった線路を通過する音が聞こえてくるの…

高野山百八十町道(六本杉~百十一町石)

(ウォーキングC35-4) 六本杉の分岐を左に進みます。 道は相変わらずで、じりじりと高度を上げつつ進んでいきます。ダイヤモンドトレイルのような縦走路にあるような大きなアップダウンが無いので進みやすいですね。 140町石から17分で130町石通過。

高野山百八十町道(百五十九町石~六本杉)

(ウォーキングC35-3) 柿畑の中を高度を上げつつ進んでいき、林区間に突入です。勾配もこの辺から緩やかになってきます。 道はこんな感じ。しっかりと整備されていることが分かる道です。 案内と共に少しだけ分岐を登っていきます。すると木の下に大きな岩が…

高野山百八十町道(百八十町石~百五十九町石)

(ウォーキングC35-2) では本格的に町道を進んでいきましょう。 まずは慈尊院内を抜ける必要があるのですが、この階段道を突破することからになります。 階段を上りきった先にもお社を発見。ここでこれからの安全を祈願してこの右手から町道へと進んでいきま…

高野山百八十町道(九度山駅~百八十町石)

(ウォーキングC35-1) 本日は2018年11月3日。まずはスタート地点へと向かうべく南海高野線急行で橋本駅へ。 そのから極楽橋行きの普通電車に乗り換えて3駅目、九度山駅に到着です。 駅はこんな感じで駅全体が「真田幸村」色(?)に彩られていました。

愛宕神社総本山へ登頂 (落合~保津峡駅)

(ウォーキングC34-7) 車道との合流地点から保津峡方向へと進んでいきます。ここから終着の保津峡駅まではひたすら車道歩きですので、車にさえ気をつければ快適に歩けます。

愛宕神社総本山へ登頂 (二の門~落合)

(ウォーキングC34-6) 二の門から東海自然歩道の看板に沿って落合方向へと進みます。 その前に愛宕神社表参道の登山口を示す大きな看板をパシャリ。この看板の裏を登った先にケーブルカーの駅があったと思われます。 集落を抜けて猿飛橋を渡ります。

愛宕神社総本山へ登頂 (愛宕山山頂~表参道~二の門)

(ウォーキングC34-5) では下っていきましょう。当初は月の輪寺経由で下ろうとしましたが、台風の影響で通行止めとなっていたため、諦めて表参道から下ることにしました。 水尾の分かれから表参道を見た様子です。こちらは相当悲惨な状況になっているのが分か…

愛宕神社総本山へ登頂 (愛宕神社~愛宕山三角点)

(ウォーキングC34-4) 目的地が愛宕神社なので、境内の中を散策します。 境内の中に入ります。思っていたよりも奥行きがあり、その奥に行くことも出来ます。 天井の方を見ると鳳凰でしょうか、かなり作り込まれた壁画を見ることが出来ます。

愛宕神社総本山へ登頂 (水尾登山口~愛宕神社)

(ウォーキングC34-3) 登山口入り口で小休止を行い、突撃です。 まず目指すは表参道との合流地点となる水尾の分かれです。道自体は安定して広くもならなければ狭くもならないという、不自然なほど整備されている道でした。 こちら側は台風の影響が少なかった…

愛宕神社総本山へ登頂 (JR保津峡駅~水尾登山口)

(ウォーキングC34-2) トロッコ保津峡駅との分岐をそのまま水尾方面へと直進していきます。 しばらくは水尾の集落までは車道に沿って進んでいきます。交通量も少なく、ごくごく普通の車道歩きとなります。 先日の台風の影響でしょうか。初めて訪れる場所なの…

愛宕神社総本山へ登頂 (阪急嵐山駅~JR保津峡駅)

(ウォーキングC34-1) 本日は2018年10月20日。一応雨が上がったらしい阪急嵐山駅です。ここからJR嵯峨嵐山駅へ乗り換えるために移動します。電車代が余りにも違いすぎるので、この阪急嵐山-JR嵯峨嵐山を準備運動と割り切って進むことにしました。 阪急嵐山駅…